2024/07/15記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

佑貴 ロイヤルセントジョージズ 2019 シェーン・ローリー 浅地洋佑 67T稲森佑貴 72T予選落ち金谷拓実(アマ)松山英樹藤本佳則堀川未来夢池田勇太今平周吾 ロイヤルポートラッシュ 1999年
2024/07/09国内男子

石川遼は過去2勝の大会へ 北の大地で杉浦悠太、蝉川泰果ら再び激突

らもエントリーした。昨年覇者のクルーガーは出場しない。岩田、石川、日本ツアーは今季2戦目の小平智が予選同組で回る。 また、主催者推薦で顎関節のズレによる体調不良からツアー復帰3戦目の池田勇太、2週前のシニアメジャー「全米シニアオープン」2位の藤田寛之らも出場する。
2024/07/05日本プロ

“最速”の日本プロ制覇なるか 杉浦悠太のアマ卒業後の変化は

はデータの残る1985年以降で4人(2021年/キム・ソンヒョン、15年/アダム・ブランド、09年/池田勇太、01年/ディーン・ウィルソン)しかいない。プロ転向から12試合目での本大会優勝となれば、16試合目だった池田の記録を更新して最速になる。(岐阜県可児市/桂川洋一)
2024/06/14国内男子

日高将史が9年ぶり2勝目 池田勇太12位/男子下部

8位。今季同ツアー2試合目の池田勇太は7バーディ、1ボギーの「66」で回り、通算7アンダーの12位。 首位タイから出た正岡竜二は「74」とスコアを落とし、通算6アンダーの20位で終えた。
2024/05/25国内男子

今平周吾と木下稜介が首位で最終日へ 幡地隆寛は3打差5位

の平田憲聖は通算4アンダーの17位。今季初戦の池田勇太は5位スタートから「78」とスコアを落とし、通算イーブンパーの44位に後退した。 カットライン上で決勝ラウンドに進んだ石川遼は3バーディ、4ボギーの「73」とし、通算1オーバーの50位で終えた。