ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウィンダム選手権
期間:08/14〜08/17 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

石川遼、「62」で2打差7位に急浮上 松山、今田は予選落ち

2014/08/16 08:47

◇米国男子◇ウィンダム選手権 2日目◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7,127ヤード(パー70)◇

73位タイからスタートした石川遼が9アンダー、1ボギーで回り、この日のベストスコア「62」をマーク。通算8アンダーとして、首位と2打差の7位タイまで急浮上した。「62」は、米国男子ツアーでの自身のベストスコアも更新した。

通算10アンダーの首位タイには、ともに3位タイからスタートして5つスコアを伸ばしたスコット・ラングレーヒース・スローカム。通算9アンダーの3位には、ニック・ワトニーアンドリュー・スボボダのほか、ブライアン・スチュアードマーティン・レアード(スコットランド)の計4人が並んでいる。

石川と同じ7位タイには、前日首位だったカミロ・ビジェガス(コロンビア)、ボー・バン・ペルトD.A.ポインツら計9人がつけている。

初日を49位タイで終えた松山英樹は、この日「70」で回って通算1アンダー。順位を79位タイまで下げ、カットラインまで1打足りずに予選落ちした。松山の米ツアーでの予選落ちは、4月の「RBCヘリテージ」以来となる。

また、初日9位タイだった今田竜二は4ボギー、2ダブルボギーと大崩れ。通算4オーバー133位タイで、こちらも予選2日間で姿を消すこととなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!