ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 最終決戦の地は「日本ぽい」

2014/09/11 06:57

米国男子ツアーのフェデックスカッププレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権byコカ・コーラ」は11日(木)、ジョージア州のイーストレイクGCで開幕する。松山英樹は開幕前日にコースをチェックし、最終調整を終えた。

プロアマ戦が行われないこの大会では、選手たちとスポンサーとの触れ合いの場は、コースでの朝食会など多岐にわたる。松山は午前中のレッスン会の担当に振り分けられ、パッティンググリーンでアマチュアに直接指導。コース入りした前日9日(火)は練習場での打ち込みにとどまったため、その後の18ホールの練習ラウンドが、初のプレーとなった。

7307ヤード、パー70。両サイドに背の高い木々がそびえるパークスタイルのコースについて「日本ぽい感じですね」というのが松山の印象。「久しぶりの芝の感触。すごく懐かしい感じでフェアウェイから打っていた。ラフ、グリーンはバミューダだけど、今までやってきたバミューダと変わらない。きょうは気にせずにプレーできたかなと思います」。

シーズンの締めくくりとなるフィニッシングホールは日本ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」と同じパー3となる。ショットは依然本調子ではなく「懐かしい感じで、調子が良くなるかもしれないですね。もしかしたら」と笑顔で期待した。

日本勢の最終戦出場は2008年の今田竜二以来(プレーオフ制度施行前に丸山茂樹も出場経験がある)。今田はランキング20位でシーズンを終了し、フェデックスカップのボーナスを除く賞金も302万9363ドルを稼ぎ出した。現在の松山は28位で、268万7477ドル。4位以上の成績を残せば、どちらも上回る可能性がある。

それでも見据えるのは2勝目と、翌シーズン以降への戦い。「明日になったらまた雰囲気がガラッと変わる。その中でもいいプレーをしたいと思う」と静かに意気込んだ。(ジョージア州アトランタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 ツアー選手権byコカ・コーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。