2019/10/29ZOZOチャンピオンシップ

勝率22.8%で1位 ウッズは夢の100勝も

ダスティン・ジョンソン(メジャー1勝) 17勝 ジム・フューリック(メジャー1勝)、ロリー・マキロイ(メジャー4勝) 【勝率】 22.8% タイガー・ウッズ (359戦82勝) 21.3% ベン・ホーガン
2013/04/07PGAコラム

マスターズ出場へかすかな望みを託すシームの戦い

)だ。 彼は、先週モロッコで開催されたトロフィー・ハッサンIIで優勝した時、マスターズ出場を意識した。 シエムがハッサンIIで優勝を遂げた数時間後、ラッセルヘンリーが「68」という素晴らしいスコアで
2016/06/04ヨーロピアンツアー公式

スウェーデンで主導権を握ったフィッツパトリック

。 フィッツパトリックは金曜日をノーボギーの7アンダーでラウンドし、通算11アンダーとして、2位タイにつける地元のアレクサンダー・ビョーク、ベルギーのニコラス・コルサーツ、イングランドの同胞のロス・フィッシャーと
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

ラッセルヘンリー チャーリー・ホフマン ダスティン・ジョンソン ケビン・キズナー ブルックス・ケプカ マット・クーチャー マーク・レイシュマン 松山英樹 パット・ペレス ジョン・ラーム パトリック
2013/01/14ソニーオープンinハワイ

ツアールーキーのR.ヘンリーが初勝利

ラッセルヘンリーとスコット・ラングレーが試合をリード。最終日も熱戦が期待されたが、終盤に5連続バーディを奪うなど7ストローク伸ばしたヘンリーが抜け出し、通算24アンダーでツアー初優勝を果たした。 2011
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

ラッセルヘンリー、ステファン・ジェーガー、ジョーダン・スピース、ジョナサン・ランドルフ、ジャスティン・トーマス、ピーター・ユーライン ・ダスティン・ジョンソンはカーティス・ストレンジ(1988-89)以来の「全米オープン…
2013/01/13ソニーオープンinハワイ

R.ヘンリーとS.ラングレーの一騎打ちか!?谷原は38位タイ

のラングレーを最終18番でとらえたのは、同じく23歳でツアー1年目のラッセルヘンリーだった。通算14アンダー単独首位でスタートしたヘンリーは、3バーディ、ノーボギーの「67」と静かなゴルフだが、着実
2016/11/16ヨーロピアンツアー公式

DPワールドツアー選手権の知っておくべきアラカルト

ワールドツアー選手権」で鍵を握るデータを紐解いてみた。 ■2015年大会を振り返る 2015年、ロリー・マキロイはキャリア2度目となる「DPワールドツアー選手権」と「レース・トゥ・ドバイ」の同時制覇
2013/03/09GDOEYE

ウェブドットコムツアーの実力とは?

今季からPGAツアー参戦の仕組みが変わり、俄然注目を集めているウェブドットコムツアー。その出身ルーキーがPGAツアーで活躍しているのも、同ツアーが目を引く大きな要因と言えるだろう。すでにラッセル
2014/07/23佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 127>ブライアン・ハーマン

選手が次々に優勝。ハーマンで実に6人目なのだ。ジョージア旋風のはじまりは2年前の「マスターズ」でバッバ・ワトソンがメジャー初優勝を挙げたことだった。昨年は「ソニーオープンinハワイ」でラッセルヘンリー
2013/01/19ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション

初勝利を狙う伏兵の奮闘続く 石川遼は後退

アンダーの3位タイにダロン・スティールズ、スコット・スターリングス、リチャード・リー。さらに1打差にザック・ジョンソン、チャールズ・ハウエルIIIら9名が続く混戦模様。先週ツアー初勝利を飾ったラッセル
2015/11/23ヨーロピアンツアー公式

マキロイがドバイでダブル制覇を達成

」、「ヨハネスブルグオープン」、そして「ポルトガルマスターズ」に続くシーズン4勝目を狙ったサリバンだったが、最終日は「68」として、マキロイに一歩及ばなかった。 サー・ヘンリー・コットン年間最優秀新人
2014/06/04PGAコラム

「全米オープン」の予選は非常にユニークな経験

プロセスが大好きだよ」と「全米オープン」参加選手スコット・ラングレーは述べた。彼は2010年のペブルビーチで、ラッセルヘンリーと並び、16位タイでローアマチュアを獲得。「素晴らしいことだね。本物のアメリカ
2013/03/03GDOEYE

PGAツアーを席巻中の若者たち

重要性も理解できる。 今季2戦目の「ソニーオープンinハワイ」で、PGAツアー初戦にして初優勝を飾ったラッセルヘンリー(23歳)は、昨年のウェブドットツアー賞金ランキング3位で、同ツアーで昨年2勝を
2014/03/16PGAコラム

「アーノルド・パーマーインビテーショナル」アラカルト

・ウォーカーとは546ポイント差だ。リードとホンダクラシック覇者のラッセルヘンリーには、ここ5年間で3人目となるフロリダスイング2勝プレーヤーになる可能性もある。ウッズは昨年「WGCキャデラック選手権」と
2013/07/02PGAコラム

PGAツアーから「全英オープン」出場枠を狙う選手たち

ラッセルヘンリー(同ランキング16位)、ヘンリーとはジョージア大学時代にチームメイトだったハリス・イングリッシュ(同ランキング17位)と、チャールズ・ハウエル III(同ランキング18位)は5位以内を
2013/01/12ソニーオープンinハワイ

日本勢は谷原秀人が決勝ラウンドに進出 首位はR.ヘンリー

23歳のラッセルヘンリーが、連日のビッグスコアとなる「63」をマークして通算14アンダーと伸ばし、単独首位に立った。 4選手が出場している日本勢では、谷原秀人が5アンダーの「65」をマークして、通算