ニュース

米国男子ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ
期間:01/09〜01/12 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹は1打差3位で終戦 リードがプレーオフを制す

◇米国男子◇ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ 最終日◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ) ◇7,452ヤード(パー73)

首位タイで最終日を迎えた松山英樹は3バーディ、ノーボギーと3つ伸ばしたが、わずか1ストローク及ばずプレーオフ進出を逃し、通算20アンダーの3位タイで終戦した。パトリック・リードがプレーオフ1ホール目でジミー・ウォーカーを破り、今季初優勝を飾った。

松山は前半に2つ伸ばしながら、首位に2打差のリードを許して最終日のバックナインへ。最終18番(パー5)を前に、首位に立つリードとウォーカーに1打差まで詰め寄ったが、2m強のバーディパットを外した瞬間、優勝の可能性が消えた。松山は、昨年10月の今季開幕戦「フライズドットコムオープン」に続く今季2回目のトップ3フィニッシュとなった。

松山はラウンド後のインタビューで「勝てなかったので悔しい」と無念の表情を浮かべ、「今日は全体的に良くなかった中、崩れることなくスコアを伸ばせたのは良かった。チャンスにある程度つけられたが、そこを決めきれなかったのが敗因だと思う」と振り返った。

松山と並ぶ3位タイにラッセル・ヘンリーと、コースレコードに並ぶ「62」をマークしたジェイソン・デイ(オーストラリア)。通算18アンダーの6位に韓国のベ・サンムン。前年優勝のザック・ジョンソンは通算17アンダーの7位で終えた。

関連リンク

2015年 ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~