2018/06/24トラベラーズ選手権

ポール・ケーシーが今季2勝目へ4打差首位

マークし、通算16アンダーとして首位に抜け出した。後続に4打差をつけ、3月の「バルスパー選手権」に続く今季2勝目へ王手をかけた。 ラッセルヘンリーが通算12アンダーの2位で追う。 首位で出た
2018/06/23トラベラーズ選手権

ブライアン・ハーマン首位 小平智は「80」で予選落ち

回り通算10アンダーの首位に浮上した。首位発進したザック・ジョンソン、ラッセルヘンリー、マット・ジョーンズ(オーストラリア)が通算9アンダーの2位で続いた。 ブライソン・デシャンボー、ポール
2018/06/15全米オープン

D.ジョンソンが2大会ぶり制覇へ首位 松山英樹は6差46位

・ピアシー、ラッセルヘンリー、イアン・ポールター(イングランド)と並ぶ首位で滑り出し、2大会ぶりの勝利へ好発進した。 1打差のイーブンパー5位にジェイソン・ダフナー。さらに1打差の1オーバー6位タイに
2018/06/25トラベラーズ選手権

ワトソンが6打差を逆転V 大会&今季3勝目をマーク

.B.ホームズの4人が入った。 さらに1打差の6位に、ケビン・ツエー、ブライアン・ハーマン、ラッセルヘンリーの3選手。「全米オープン」覇者のブルックス・ケプカは、通算9アンダーの19位タイで4日間を終えた。
2018/03/27ヒューストンオープン

オーガスタへ最終準備 池田勇太が参戦

ただ1人出場する。 昨年はラッセルヘンリーが最終日に4打差を逆転して、オーガスタへと滑り込んだ。今年もラストチャンスをものにする選手は現れるか?
2018/02/24ザ・ホンダクラシック

ウッズは4打差14位で決勝へ リストら首位

・シンプソン、ラッセルヘンリーロリー・サバティーニ(南アフリカ)が通算2アンダーの3位。ジャスティン・トーマスらが通算1アンダーの7位につけた。 21位から出たタイガー・ウッズは3バーディ、2ボギー1
2017/04/02シェルヒューストンオープン

カン・スンが3打差首位で最終日へ ファウラー2位に再浮上

の3位にラッセルヘンリー。通算12アンダーの4位にルーク・リスト。さらに1打差の5位タイにラファエル・カンポス(プエルトリコ)、ダニエル・バーガー、カイル・スタンリーの3人が続いた。
2017/04/06マスターズ

【速報】マスターズ開幕 ニクラス&プレーヤーが名誉スターター

・サマーヘイズ、ラッセルヘンリーが午前8時にプレーを開始した。 3人の日本勢は、6度目の出場となる世界ランキング4位の松山英樹が午前10時12分(日本時間23時12分)にティオフ。池田勇太は午後1時8分(7日午前2時8分)、谷原秀人は1時41分(同2時41分)に、それぞれアウトコースから出る。
2017/03/10バルスパー選手権

ステンソンが2打差2位発進 石川遼は暫定24位

ラッセルヘンリーと並んで2打差の7アンダー2位タイ。ジェームズ・ハーンが6アンダーでホールアウトし暫定4位につけた。 石川遼は4バーディ、2ボギーの「69」で回り、2アンダーの暫定24位タイで発進した。 第1ラウンドの残りは2日目の午前7時40分に再開される。
2017/08/09ヨーロピアンツアー公式

2017年「全米プロゴルフ選手権」の大会アラカルト

ことに、もしスピースが今週優勝を遂げると、彼は「全米プロゴルフ選手権」で生涯グランドスラムを達成した初めての選手となる。 ロリー・マキロイへスポットライトが当てられるのも不可避の状況である。唯一複数回
2017/04/04世界ランキング

松山英樹は世界4位でマスターズへ/男子世界ランク

2日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、「シェルヒューストンオープン」で最終日に「65」でツアー通算3勝目を挙げたラッセルヘンリーが50ptを獲得。平均ポイントを2.2209として、前週から
2017/06/13ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」大会アラカルト

ラッセルヘンリー、ステファン・ジェーガー、ジョーダン・スピース、ジョナサン・ランドルフ、ジャスティン・トーマス、ピーター・ユーライン ・ダスティン・ジョンソンはカーティス・ストレンジ(1988-89)以来の「全米オープン」連覇を懸けてエリンヒルズでティオフ ・今週は11人の「全米オープン」王者が出場
2016/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

グローバーが首位浮上 石川、岩田は予選通過ならず

日ベストの「63」としたラッセルヘンリーと、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)が続いている。 前日に日没サスペンデットとなったため、この日の早朝に第2ラウンドの残りが行われ、石川遼は残された最終
2017/08/25ザ・ノーザントラスト

【速報】松山英樹4オーバーの出遅れ 後半崩れる

)とした。 後半4番で落とすと、6番から2連続でパーパットがカップに蹴られて連続ボギーを喫した。最終9番でもボギーをたたいた。 ラッセルヘンリーが6アンダーで終えてトップにいる。
2017/06/18ヨーロピアンツアー公式

メジャー初V争奪戦 フリートウッドが好位置で最終日へ

キムは共に3日目を「68」でラウンドし、通算8アンダーにはパトリック・リード、ラッセルヘンリー、そしてチャーリー・ホフマンがつけている。 オーストリアのベルント・ヴィースベルガーは通算6アンダーの
2017/06/25ヨーロピアンツアー公式

ガルシアとブランドが首位タイで最終日へ

。 通算9アンダーにはスコット・ヘンリー、デービッド・リプスキー、ヘニー・オットー、そしてレナート・パラトーレがつけており、その1打後方には2007年の大会王者であるニクラス・ファス、トミー・フリート