2013/12/18ザ・ロイヤルトロフィ

ザ・ロイヤルトロフィ開幕直前 ヤンとオラサバルが火花

パーフェクト」と、互角以上の戦いを期した。 一方、欧州選抜を率いるホセマリアオラサバル(スペイン)は、09年、12年に続き3度目の参戦となる。だが、出場した過去2大会はいずれもアジア選抜の前に苦杯を
2003/02/11ビュイックインビテーショナル

タイガー・ウッズがいよいよ復帰

マリアオラサバルが決勝の2ラウンドで爆発。トータル13アンダーでM.オメーラ、J.L.ルイスを振り切り大逆転優勝を飾った。オラサバルと同じく最下位で通過したタイガーも10アンダーまでスコアを伸ばすなど、…
2003/04/28カナリアオープン・デ・エスパーニャ

スペイン勢撃沈!イングランドのK.フェリーがツアー初優勝

ホセマリアオラサバルも優勝争いから脱落し、連覇を狙うセルヒオ・がルシアは一度も優勝争いに浮上しなかった。 3日間上位勢はスコアを伸ばしたが、最終日は強風が吹き選手たちを苦しめた。そして、優勝争い
2017/09/05ヨーロピアンツアー公式

「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の大会アラカルト

23勝、そして歴代勝利数ではホセマリアオラサバルと並ぶ8位タイにつけるなど、彼の世代におけるヨーロピアンツアー最高の選手のひとりとなった。2週間前の「メイドインデンマーク」で500大会出場を果たした
2002/01/24

タイ・トライオン「デビュー戦」にマスコミ白熱!

以降は皆さんご存じの通り世界が彼に注目。文字通りナンバー1プレーヤーになった。 セルヒオ・ガルシアは19歳の1999年4月にデビュー。 ホセマリアオラサバル(当時)「彼には才能があることは誰もが
2013/06/25ヨーロピアンツアー公式

再び全英オープンへ挑むルイス

の前任で同じく主将を務めたホセマリアオラサバル(スペイン)、そして元全米オープン覇者のマイケル・キャンベル(ニュージーランド)は共に「72」で予選会初日を終えた。
2014/11/12三井住友VISA太平洋マスターズ

世界一の大砲 バッバ・ワトソンが御殿場にやってきた

。和やかムードの中にも、緊張感を存分に漂わせながらコースチェックした。 「米国以外の土地で勝つことは、自分のキャリアにとっても大きな意味になる」という。セベ・バレステロス、ホセマリアオラサバル
2012/09/25ライダーカップ

欧州VS米国 プライドをかけた対抗戦が開幕!

、それぞれ勝ち1チームにポイント、引き分けの場合は両チームに0.5ポイントが入り、3日間の総合得点により勝敗を決める。 連覇のかかる欧州選抜は、ホセマリアオラサバル(スペイン)主将の下、世界ランク
2012/09/24ライダーカップ

欧州VS米国 プライドをかけた対抗戦が開幕!

、それぞれ勝ち1チームにポイント、引き分けの場合は両チームに0.5ポイントが入り、3日間の総合得点により勝敗を決める。 連覇のかかる欧州選抜は、ホセマリアオラサバル(スペイン)主将の下、世界ランク
2003/12/04オメガ香港オープン

欧州PGAツアー2004「オメガ香港オープン」プレビュー

)、ホセマリアオラサバル(01年)など一流選手たちが名前を連ねている。 *2004年シーズンから欧州PGAツアーに参戦を表明してる佐藤信人が初戦から攻める!「オメガ香港オープン」は初日から最終日までザ・…
2012/03/27マスターズ

待望のマスターズウィーク到来! 石川遼と松山英樹が出場

挑む。 世界ランキングでは上位を占める欧州勢だが、1999年のホセマリアオラサバル以来、グリーンジャケットに袖を通した選手はいない。昨年は自滅により辛酸をなめたマキロイ、世界ランク1位に返り咲いて間
2014/02/12佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 107>ニコラス・コルサーツ

ライダーカップメンバーとなった。キャプテンのホセマリアオラサバルが彼の実力を評価してメンバーに指名、その期待に応え欧州チームに貢献した。初日トップでウッズとストリッカー組を下すなど、大活躍で欧州
2004/04/02ベルサウスクラシック

久々J.M.オラサバルが首位に!宮瀬は17位スタート

マスターズ参戦選手の20名ほどがエントリーしている。 大会初日、好スタートを切ったのは、マスターズを2度制覇しているホセマリアオラサバル(スペイン)だ。パッティングが23回と好調だったオラサバル…
2018/05/15ヨーロピアンツアー公式

「ベルギーノックアウト」で知っておくべき5つのこと

、34年、そして38年にはサー・ヘンリー・コットンが優勝しているほか、1992年にはミゲル・アンヘル・ヒメネスが大会を制覇し、1988年のホセマリアオラサバル、1993年のダレン・クラーク、そして
2002/02/20WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

「因縁対決」再燃?!レナードvsオラサバル

さまざまな注目の対戦カードがある中で、話題なのがジャステン・レナードvsホセマリアオラサバル、99年ライダーカップの因縁の対決。99年、ブルックラインでジャスティン・レナードが放った長いパットが
2012/12/16ザ・ロイヤルトロフィ

キョンテが決めた!アジア勢がプレーオフでタイトル奪還

気持ちを心がけた」と笑顔。この日は相手のホセマリアオラサバル(スペイン)が急きょ欠場し、仲間のキラデク・アフィバーンラト(タイ)が戦えなかったこともあり「彼の分も負けられないと思った」と力を込める