ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ベルサウスクラシック
期間:03/31〜04/03 TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

マスターズ連覇に向け弾みをつけた!ミケルソンが混戦を制す!

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われる、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の最終日。この日、第2ラウンドの残りと最終ラウンドが行われ、フィル・ミケルソンが大混戦を制した。

首位と1打差の2位タイからスタートしたミケルソンは、前半ダブルボギーを叩くなど出入りの激しい展開が続いた。しかし後半は一変し、4つのバーディを奪う快進撃を見せ通算8アンダーまで伸ばし、なんとかプレーオフ進出を決めた。

プレーオフに進んだのは、ミケルソン、決勝ラウンドで8つ伸ばしたA.アトワル、メジャーチャンプのリッチ・ビームホセ・マリア・オラサバル、ブランド・ジョーブの合計5人。決着がついたのは4ホール目、ミケルソンとビームによる一騎打ちとなり、ミケルソンがこのホールで7.5メートルのバーディパットを沈めて、今季早くも3勝目を飾った。

また、次週「マスターズ」の出場を予定しているレティーフ・グーセンは通算4アンダーの22位タイ。昨年の覇者であるザック・ジョンソンは、通算3アンダーの26位タイで競技を終えている。

そのほか日本勢は、今田竜二が不規則なスケジュールの中、3日間のラウンドを全てアンダーパーで周る安定したプレーを続け、通算5アンダーの15位タイでフィニッシュ。今季初の決勝ラウンドに進んだ谷原秀人は、第2、第3ラウンドでスコアを落としてしまい、通算3オーバーの64位タイ。田中秀道は通算3オーバーの76位タイで、1打及ばず予選落ち。次週「マスターズ」に出場予定の片山晋呉は、第2ラウンドの途中で棄権した。

日本勢苦戦!今田は暫定10位に後退。ミケルソンが2位タイに浮上(4/4)

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われる、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の4日目。大会2日間が雨のため中止になり、競技は54ホールに短縮。この日第2ラウンドが行われたが、日没サスペンデッド。明日現地時間の4日に、第2ラウンドの残りと最終ラウンドが行われる。

今大会で好発進を見せた日本勢だったが、この日は我慢のゴルフが続いた。暫定2位からスタートした今田竜二は、第1ラウンドの残りホールで1つスコアを落とし、2アンダーでホールアウト。続く第2ラウンドは、3バーディ2ボギーとスコアをまとめて通算3アンダーの暫定10位タイで予選ラウンドを終えた。

また、暫定7位からスタートした谷原秀人は、第1ラウンドを3アンダーで終え、絶好のスタートを切ったが、第2ラウンドに入るとボギーが先行する苦しい展開。結局3つスコアを落としてしまい、通算イーブンパーの暫定38位タイに順位を下げた。そのほか田中秀道は、通算3オーバーの暫定77位タイ。片山晋呉は、第1ラウンドで出遅れてしまい、通算10オーバーの暫定132位タイと低迷している。

一方、第2ラウンドを終えて暫定首位に立ったのは、39歳のスコット・マッキャロン。第1ラウンド、第2ラウンドをスコア「69」で周る安定したゴルフで単独首位に立っている。

1打差で追う2位タイに、第2ラウンドでスコア「65」をマークしたフィル・ミケルソンホセ・マリア・オラサバルビリー・メイフェアがつけた。そして、昨年の覇者ザック・ジョンソンも、第1ラウンドで出遅れていたが、第2ラウンドでスコア「66」をマークし、通算3アンダーの暫定10位タイに浮上。レティーフ・グーセンもこの日スコアを伸ばし、暫定10位に上がってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。