最近のニュース 新着一覧≫


2021/03/28コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権

3打差以内に12人の混戦で最終日へ ウィレット1打差3位

(プエルトリコ)が通算10アンダーの首位で並んだ。 マイケル・グリジック(カナダ)とダニー・ウィレット(イングランド)が1打差の9アンダー3位につけた。ウィレット2016年の「マスターズ」優勝以降
2015/08/05佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑168>ダニー・ウィレット

■Go! Danny Boy! 世界で旋風を巻き起こすウィレット 世界選手権(以下WGC)ブリヂストン・インビテーショナルは、出場条件が限定され、フィールドも約75人と厳選。出場資格は昨年の
2016/12/24ヨーロピアンツアー公式

2016年を振り返る:ダニー・ウィレット編

メジャー初制覇、第一子の誕生、「ライダーカップ」でのデビュー。ダニー・ウィレットにとって今年は思い出深き一年となったが、コース上での出来事となると、やはり、公式世界ゴルフランキングをキャリアで初めて
2015/12/03ヨーロピアンツアー公式

やる気全開のウィレット

ゲーリー・プレーヤーCCでの全力プレーを誓うダニー・ウィレットは、2年連続で「ネッドバンクゴルフチャレンジ」を制し、完璧なシーズンの滑り出しを決めることを狙っている。 昨年、この大会を4打差で制した
2020/11/10ヨーロピアンツアー公式

冬場のオーガスタを知るウィレット 「かなり違うコース」

かつての大会王者であるダニー・ウィレット(イングランド)は、冬場のオーガスタナショナルGCでのプレー経験というアドバンテージを携えて今週開催の「マスターズ」へと乗り込む。彼は4月にしか訪れたことの
2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

「DPワールドツアー選手権」はドラマチックな最終日の末、ダニー・ウィレットが勝者の輪へと返り咲き、フランチェスコ・モリナリが欧州ナンバーワンの称号を手にして幕を閉じた。 イングランドのウィレット
2019/09/23ヨーロピアンツアー公式

素晴らしきウィレットのウェントワースでの勝利

平常心を保ったダニー・ウィレットが劇的な最終ラウンドの末にジョン・ラームを下して「BMW PGA選手権」を制覇し、「ロレックスシリーズ」2勝目を挙げた。 2人はウェントワースを舞台に、2日目終了後
2014/12/08ヨーロピアンツアー公式

ウィレットがサンシティで栄冠に輝く

ダニー・ウィレットが「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で欧州ツアー2勝目を飾り、華麗に2015年シーズンをスタートさせた。 2012年の「BMW国際オープン」で欧州ツアー唯一の勝利を挙げていた27歳の
2017/02/12ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」以来のタイトルへ ウィレットが首位に浮上

ダニー・ウィレットが「マスターズ」制覇以来の欧州ツアー優勝へ向け、3打差の首位で「メイバンク選手権マレーシア」最終日に臨むこととなった。 イングランドのウィレット「マスターズ」を制覇したほか
2015/07/27ヨーロピアンツアー公式

ワンダフル!ウィレットが再び勝利

「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」最終日は、ダニー・ウィレットがイングランドの同胞、マシュー・フィッツパトリックとティレル・ハットンとの厳しい戦いを制し、欧州ツアー3勝目を挙げた。 最終日を首位
2015/07/25ヨーロピアンツアー公式

痺れるプレーでクランを沸かせたウィレット

ダニー・ウィレットはクランモンタナで輝かしい「62」というスコアを出し、1打差の首位で「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の折り返しを迎えたが、先のことについて触れるのは避けた
2017/04/05ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」2連覇に意欲を見せるウィレット

ダニー・ウィレットは、自身のキャリアにおける最高の栄光を手にした場所に再訪を果たした。これまで積んできたハードワークは、さらなるメジャーでの栄光につながると自信を持っている。 イングランドの
2021/05/15英国マスターズ

ペパレルが首位で最終日へ 1打差に6人

)、エドアルド・モリナリ(イタリア)ら6人が並んだ。 大会ホストのダニー・ウィレット(イングランド)は7アンダー12位につけた。
2016/05/20ヨーロピアンツアー公式

欧州凱旋のウィレットがアイルランドで爆発

「マスターズ」王者のダニー・ウィレットが欧州凱旋となった「アイルランドオープンbyロリーファウンデーション」初日を見事「65」でラウンドし、ロリー・マキロイに2打差をつける首位発進を決めた。 4月に
2021/05/14英国マスターズ

首位に3人の混戦 川村昌弘は予選落ち

(フランス)が1打差の6アンダーで追う。 大会ホストのダニー・ウィレット(イングランド)は通算3アンダーの16位。 川村昌弘は3バーディ、4ボギー2ダブルボギーの「77」と崩れ、通算5オーバーの109位で予選落ちした。