最近のニュース 新着一覧≫


2019/04/06ヨーロピアンツアー公式

ゲーリー・プレーヤーが語る初めてのマスターズ

ゴルフにおける真の先駆者であるゲーリープレーヤーは、1961年に米国人以外の選手として初めて「マスターズ」を制覇し、この競技の垣根を取り払った。今回はそんな南アフリカのレジェンドに、1957年に
2019/04/11マスターズ

【速報】マスターズ開幕 レジェンドが名誉スタート

)スターターを大会6勝のジャック・ニクラス、3勝のゲーリープレーヤー(南アフリカ)が務め、ゴルフの祭典の始まりを告げた。 その後、午前8時30分(日本時間の11日午後9時30分)に、いずれも初出場となる第
2018/04/02マスターズ

50年前の大事件 '68マスターズの光と影 1

。 ----- ゲーリープレーヤー(南アフリカ)が絶妙なことを言っている。「われわれは1日10時間コースでプレーしたり練習したりして過ごす。だから、最低でも2分間は、自分のスコアカードが正しいか確認すべき
2018/04/07GDOEYE

78歳ジャック・ニクラスの新発見

リースタート”を行った「マスターズ」6勝のジャック・ニクラス(78歳)と、同3勝のゲーリープレーヤー(82歳/南アフリカ)。 セレモニー前、プレーヤーはニクラスにこう言った。「心配しなくていい。いまは
2019/04/09ヨーロピアンツアー公式

人に話したくなる「マスターズ」丸わかりガイド

獲得したジャック・ニクラスとゲーリープレーヤーがセレモニアルティショットを務めた。 この伝統は1963年にジョック・ハッチソンとフレッド・マクロードが大会開始のティショットを打ったことに始まり、これ
2019/04/29中日クラウンズ

大会最多の5勝は青木功と尾崎将司 火花を散らした初優勝

した第14回大会 1973年の第14回大会には、当時すでにメジャー6勝のゲーリープレーヤー(南アフリカ)や大会連覇を狙う「全英オープン」5勝のピーター・トムソン(オーストラリア)が海外から参戦。同年
2019/04/23中日クラウンズ

第1次ゴルフブームの立役者・中村寅吉が優勝した第1回大会

埼玉・霞ヶ関CCで行われた「カナダカップ」(現在のワールドカップ)に4歳下の小野光一とともに日本代表で出場。マスターズ王者のサム・スニードや若かりしゲーリープレーヤー(南アフリカ)らも出場した中、2位
2019/04/15マスターズ

ウッズの「マスターズ」5勝目 記録アラカルト

歳)、ゲーリープレーヤー(42歳)、サム・スニード、マーク・オメーラ(41歳)、ベン・ホーガン(40歳) ◇14年ぶりのマスターズ制覇/ゲーリープレーヤーが1961大会優勝後、74年大会を制覇
2019/02/05ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDAヴィックオープン」について知るべき5つのこと

に第1回大会が開催された。過去の大会王者には、世界ゴルフ殿堂入りメンバーのゲーリープレーヤー(1959年優勝)をはじめ、グレッグ・ノーマン(1984年優勝)、そしてイアン・ベーカーフィンチ(1985
2018/12/10ヨーロピアンツアー公式

“キング・ルイ”がヨハネスブルグで久々の勝利

で「全英オープン」と「南アフリカオープン」の両方を制覇した選手として、ボビー・ロック、ゲーリープレーヤー、ボブ・チャールズ、アーニー・エルス、そしてヘンリック・ステンソンの仲間入りを果たした