ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 トランジションズ選手権
期間:03/17〜03/20 場所:ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

【GDOEYE】NZ出身のF.ノビロが説くプロスポーツ選手の役割

米国PGAツアーを中継する米国現地ゴルフチャンネルの解説者として有名なフランク・ノビロ。フロリダ州タンパ近郊のウェスティンイニスブルックリゾートで開催中の「トランジションズ選手権」でも放送ブースで選手たちのプレーを眼光鋭く見つめている。彼は2月に大地震に見舞われたニュージーランド出身のプロゴルファーだ。

1960年生まれのノビロは80年代から90年代に世界をまたにかけて活躍。米国1勝、欧州5勝を含めて各国で通算15勝をマークした。石川遼も出場した2009年の米国選抜と世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」ではグレッグ・ノーマン率いる世界選抜の副キャプテンを務めるなど、同国ゴルフ界発展の第一人者といえる。

<< 下に続く >>

2月22日にニュージーランド第2の都市クライストチャーチを中心に発生した大地震。ノビロは米国に滞在中だった。ニュージーランド国内の母親と連絡を取り合い、家族の無事は確認したが、その後「ニュースやインターネットで情報を集めていると、最初は現実離れしているように思えた。けれど情報が入ってくれば、入ってくるほど徐々にショックが大きくなっていったんだ」と言う。

「クライストチャーチの大震災による被害は、ニュージーランドのGDPのうち6~8%にも上る。米国で起こったハリケーン、カトリーナ(2005年8月)の際は米国GDPの約1%だった」。もちろん人々の悲しみは被害の大きさに比例するものではない。だが「そのくらい大きな被害で、ショックも大きかったんだ」と胸を締め付けられている。

ノビロは、国民に影響力を与えるプロスポーツ選手の役割について言及した。「もちろんすぐに寄付はした。けれど私はその後、ゴルフチャンネルのトップや、マスターズ、全米オープンの関係者といった人々と話し合いを続けている。個人でできることもあるが、大きな組織を巻き込んで実行に移すと、もっと大きなことができる」と、復興へ向けて長い目で見た支援の必要性と責任を説いた。

この米国PGAの舞台で戦っている石川遼ら含めた日本人プロゴルファーにもエールを送る。「災害の影響で、日本国内ではゴルフの話題は少なくなっているだろう。けれど、彼らがプレーすることで、それを目にしたわずかな人々に希望を与えられるかもしれない。それは言葉をかけることよりも大きいことだ」。スポーツの力が復興の一筋の光となるよう祈るノビロの眼は、優しかった。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 トランジションズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!