ニュース

米国男子WGCブリヂストン招待の最新ゴルフニュースをお届け

WGC初勝利を狙う 2戦連続予選落ちの松山英樹の復調は

世界選手権シリーズ「WGCブリヂストン招待」は30日(木)、オハイオ州のファイヤーストーンCCで開幕する。少数精鋭で行われる予選落ちのない4日間大会。例年8月に行われていたが、今年は「リオデジャネイロ五輪」の影響で開催時期が前倒しされた。ビッグタイトルと優勝賞金約161万ドル(約1億6365万円)をかけて、7400ydあるパー70のモンスターコースで争われる。

WGCとあって世界ランキング上位50人を中心としたフィールドだが、今年は数人の欧州勢がエントリーしなかった。ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ダニー・ウィレット(イングランド)らは同週に開催される欧州ツアー「第100回フランスオープン」に出場。それでも選手層は十分に厚い。

<< 下に続く >>

2週前の「全米オープン」でメジャー初優勝を遂げたダスティン・ジョンソンが注目の的。同大会で惜敗したシェーン・ローリー(アイルランド)は、今週をディフェンディングチャンピオンとして戦う。世界ランキング1位のジェイソン・デイ、同8位のアダム・スコット(ともにオーストラリア)は2016年のWGC2勝目がかかる。

松山英樹は4年連続の出場となる。2週前のメジャー「全米オープン」以来の登場。直近2試合は予選落ちを喫しており、オープンウィークでの調整がカギを握りそうだ。

そのほかの日本勢は、昨年の国内ツアー「ブリヂストンオープン」で優勝した松村道央、今年6月の「日本ツアー選手権 森ビルカップ」を制した塚田陽亮が参戦する。キム・キョンテ(韓国)は世界ランクによる出場。米ツアー再挑戦への足がかりを狙った戦いになる。

【主な出場予定選手】
シェーン・ローリージェイソン・デイリッキー・ファウラーブランデン・グレースダスティン・ジョンソンザック・ジョンソンキム・キョンテ松村道央松山英樹フィル・ミケルソンジャスティン・ローズアダム・スコットジョーダン・スピース塚田陽亮バッバ・ワトソン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGCブリヂストン招待




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!