ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

天国と地獄…通算5勝の松村道央は下部ツアーへ

2018/12/03 11:30


◇国内男子◇ファイナルQT 4日目◇セントラルゴルフクラブ (茨城県)◇パー72

「天国と地獄」―。ツアー通算5勝の松村道央は2009年から10年連続で守った賞金シードを手放し、最終予選会は1アンダーの108位タイ。上位93人が進出した決勝ラウンドに残れず、来季出場権を逃した。

当落線上で迎えた4日目に「73」。カットラインには2打届かなかった。「なんとなくカットは分かったから、最後(パー5)はイーグルを狙った。1年間同じ。ショットもパットも全部悪い。自分の体が悪く反応してしまう、弱いところばかり出た」。12年ぶりに出場したQTの戦いに敗れた。

2010年に年間2勝を挙げ、1億円以上を稼いだ。3年前には「ブリヂストンオープン」を制した。そんな過去の実績は、関係ない。来季は下部AbemaTVツアーを主戦場にする見通しだ。今季の実績で比較すると、賞金総額はレギュラーツアーが全25試合で35億775万円。下部ツアーは全12試合で総額1億8500万円。「1年間そこでやることになると思う。またいつか(レギュラー)ツアーで優勝するのが夢」。

不調にあえいだシーズン終盤の3試合とQTは、過去2勝をともにした59歳の守谷一隆キャディにバッグを託した。過去に中嶋常幸らとタッグを組んだ約25年の大ベテランは「落ちる選手も上がる選手も数多く見てきた」とし、「ゴルフの神様に与えられた試練。気持ちを切らさずにやること。35歳。乗り越えれば、絶対にまた強くなれる」と力を込めた。(茨城県行方市/林洋平)

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~