ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ノーザントラストオープン
期間:02/19〜02/22 リビエラCC(カリフォルニア州)

松山英樹26位 石川遼は4戦連続予選落ち 首位にグーセン

◇米国男子◇ノーザントラストオープン 2日日◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7349yd(パー71)

6人が並ぶ首位から出たメジャー覇者のレティーフ・グーセン(南アフリカ)が1ストローク伸ばし、通算6アンダーとして単独首位に立った。

2日目は1選手だけ日没のためホールアウトできなかった。

17位から出た松山英樹は2バーディ、3ボギーの「72」で回り、通算イーブンパーにスコアを落としたが、暫定26位で予選を通過した。石川遼は4バーディ、4ボギーの「71」、通算6オーバーの103位に沈み、今年に入って4戦連続の予選落ちとなった。

ジャスティン・トーマスライアン・ムーアグラハム・デラエ(カナダ)が通算5アンダーで2位に並ぶ。アンヘル・カブレラ(スペイン)がさらに1打差で追う展開だ。

連覇を狙うバッバ・ワトソンが通算5アンダーとして、17位から順位を上げ、ジョーダン・スピースJ.B.ホームズらとともに5人の6位集団を形成している。

松山は1番(パー5)で2オン2パットのバーディスタートを決めたが、8番、9番で3m前後のパーパットを外し、連続ボギーを喫して折り返した。10番で2打目をピンそばにぴたりと寄せてバーディを取り返したものの、ティショットをグリーン右のバンカーに入れた14番(パー3)でボギーをたたいた。

石川は前半で2つスコアを伸ばし、11番(パー5)でも3打目のアプローチをカップから数十センチにつけてバーディを奪った。しかし、ラフを渡り歩いた12番、寄らず入らずの15番でボギーとし、スコアは振り出しに。最終18番でもボギーを喫した。

<主な上位の成績>(順位は暫定)
1/-6/レティーフ・グーセン
2T/-5/ジャスティン・トーマスライアン・ムーアグラハム・デラエ
5/-4/アンヘル・カブレラ
6T/-3/バッバ・ワトソン、デレク・ファソワー、ジョーダン・スピースJ.B.ホームズポール・ケーシー

26T/0/松山英樹
103T/+6/石川遼

関連リンク

2015年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~