ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山29位、石川65位で発進 今季初戦のウッズは104位

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 初日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

2014-15年シーズン第12戦「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」初日は、日没によるサスペンデッドとなり、132選手のうち9人がホールアウトできなかった。

ツアー3勝を挙げているライアン・パーマーが「64」で回り、7アンダーで暫定首位発進を決めた(以下、順位は全て暫定)。13番(パー5)でイーグルを奪うなど、ボギーフリーでラウンドした。

昨年2位のバッバ・ワトソンと、キーガン・ブラッドリーが1打差の6アンダーでホールアウト。ダニエル・バーガーが2ホールを残した時点で並んでいる。5アンダーの5位で、ザック・ジョンソンロバート・ストレブベン・マーティンマーティン・レアード(スコットランド)の4選手が続く。

日本勢は松山英樹石川遼が出場。松山は4バーディ2ボギーの「69」で回り、2アンダーの29位につけ、2013年の大会覇者フィル・ミケルソンらと並んでいる。石川は2バーディ2ボギーの「71」とし、イーブンパーの65位で初日を終えた。

14年ぶりのフェニックスオープン出場となったタイガー・ウッズは、1イーグル、2バーディ、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフで「73」をたたき、2オーバーの104位と苦しい立ち上がりを見せている。

関連リンク

2015年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~