2015/08/26佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑170>ロバート・ストレブ

、「全米プロ」でメジャー初優勝したばかりのジェイソン・デイ(27)による、20代の若き世界ランクトップ3が中心に動いていくだろう。だが、あまり目立たないものの、今季急上昇中のロバートストレブ(28)にも注目
2014/11/13PGAコラム

今季注目の成長株、R・ストレブ

ロバートストレブの年になるかもしれない。 ストレブは開幕戦からの4大会で、優勝を含む3度のトップ10と好調を維持し、2ヵ月間のウィンターブレーク前最後の大会となる今週の「OHLクラシックatマヤコバ
2018/11/02シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

日没順延で小平智は暫定71位 スピース5位

・ユーラインが9バーディ、1ボギーの「63」で回り8アンダーの暫定首位に立った。セス・リーブスが1打差の暫定2位に続いた。 ハロルド・バーナーIII、ロバートストレブが6アンダー暫定3位。自身の今季初戦に
2018/11/03シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

小平智は暫定61位で予選通過へ デシャンボーら上位争い

勝利のピーター・ユーラインが「66」で回り、通算13アンダーの暫定トップとした。キム・ミンフィ(韓国)とロバートストレブが2打差の暫定2位につけた。 昨季3勝のブライソン・デシャンボーはハロルド
2018/11/04シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

デシャンボーが首位を捕らえる 小平智は40位で最終日へ

。通算14アンダーの4位に「63」をマークしたパトリック・カントレーとロバートストレブが続いた。今季初戦のリッキー・ファウラーは通算9アンダーの19位。 61位からスタートした小平智は1イーグル4
2018/07/22バーバゾル選手権

首位4人の混戦 リンシコムは予選落ち

・ラブレディ、ハンター・メイハン、ロバートストレブが通算18アンダーの首位に並んだ。 女子ゴルファーとしてはミッシェル・ウィ以来10年ぶりにPGAツアーに出場したブリタニー・リンシコムは、前日に
2017/07/23記録

<記録>海外メジャー最少ストローク

スティーブ・ストリッカー 2011年/アトランタAC/1R ジェイソン・ダフナー 2013年/オークヒルCC/2R 岩田寛 2015年/ウィスリングストレイツ/2R ロバートストレブ 2016年/バルタスロールGC/2R
2017/07/09グリーンブライアー

ルーキー・ムニョスが完全優勝へ前進 2位にストレブ

日「65」を出したツアー1勝のロバートストレブ。通算11アンダーの3位にザンダー・シャウフェレとジェイミー・ラブマークの2人が続いている。 通算10アンダーの5位タイには、ラッセル・ヘンリー
2017/07/10グリーンブライアー

23歳シャウフェレが初優勝 「全英」行き決定

振り切った。 シャウフェレはこの優勝により、2週後の「全英オープン」の出場権を手に入れた。 通算13アンダーの2位にロバートストレブが続いた。初日から首位に立っていたセバスチャン・ムニョス(コロンビア
2016/07/31ヨーロピアンツアー公式

ニュージャージーの嵐で全米プロが水入りに

「全米プロゴルフ選手権」3日目は午後から豪雨と雷雲の接近に見舞われ、上位陣は軒並みスタートできなかった。日曜日は36ホールの長丁場を強いられることになる。 ロバートストレブとジミー・ウォーカーの
2015/07/06ザ・グリーンブライアークラシック

驚異のストレブ ウェッジでパットして5バーディ

米国男子ツアー「ザ・グリーンブライアークラシック」で、プレーオフで惜敗して2位に終わったロバートストレブだが、そのサンデーバックナインは驚異的だった。 9番グリーンを終え、パターをキャディバッグの
2014/10/27マックグラッドリークラシック

ツアー2年目のストレブが初優勝 三つどもえのプレーオフを制す

へと突入。通算14アンダーで並んだロバートストレブ、ブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)、ウィル・マッケンジーの三つどもえの戦いは、1ホール目にパーセーブできなかったマッケンジーがまず脱落。続く17
2015/12/05ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでステンソンが一歩リード

ステンソンに先行を許した。それでも米国のロバートストレブには1打差をつけており、その後方の通算8アンダーにはマーク・リーシュマンが続いている。 「ちょっとヘンリックと僕の一騎打ちみたいな感じがしたね
2016/03/26ヨーロピアンツアー公式

ウーストハイゼンがサリバンを下して16強進出

したため、譲られる形で大会初勝利を手にした。 これでリードは、プレーオフ1ホール目でキラデク・アフィバーンラトを下してグループ8を突破したダスティン・ジョンソンと相まみえることとなった。 ジョンソンはジミー・ウォーカーを2&1で、アフィバーンラトはロバートストレブを1アップでそれぞれ下していた。