2019/06/23トラベラーズ選手権

チェズ・リービーが独走 6打リードで11年ぶりVに前進

(イングランド)、マーティン・レアード(スコットランド)の4人が続いた。 26位から出た前年覇者のバッバ・ワトソンは「73」とスコアを落とし、通算2アンダーの51位に後退した。
2019/01/29オメガドバイデザートクラシック

キャディが後方に立って2罰打の李昊桐 物議にR&Aが見解

27日に閉幕した欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」最終日。優勝したブライソン・デシャンボーとともに最終組を回った李昊桐(中国)は、72ホール目のバーディパットを打つ際に、キャディがプレーの
2019/02/01WMフェニックスオープン

松山英樹は27位発進 小平智71位、首位にファウラーら3人

・バーナーIIIの3人が「64」で回り、7アンダー首位とした。 6アンダーの4位にマーティン・レアード(スコットランド)とJ.T.ポストン。5アンダーの6位にバッバ・ワトソン、スコット・ピアシー、アン
2018/09/15エビアン選手権

畑岡奈紗は4打差16位で決勝へ 上原、横峯は予選落ち

)とモー・マーティンが通算8アンダーとして、マリア・トレス(プエルトリコ)をとらえ、4人が首位に並んで大会を折り返した。 1打差の5位に初日首位タイのカルロタ・シガンダ(スペイン)。ユ・ソヨン(韓国
2018/04/21バレロテキサスオープン

ザック・ジョンソンが「65」で首位浮上 ガルシアは予選落ち

、アンドリュー・ランドリーと並ぶ通算8アンダーの3位タイに後退した。 同じく「65」を出したマーティン・レアード(スコットランド)、ベン・クレイン、デービッド・ハーン(カナダ)が首位と3打差の通算6
2018/04/14ロッテ選手権

畑岡奈紗が米初勝利へ2打差3位 最終日は最終組

。首位と2打差の3位タイで最終日を迎える。 ブルック・ヘンダーソン(カナダ)は首位から出て「73」と落としたが、通算9アンダーでその座を維持。後続との差は2打から1打に縮まった。モー・マーティンが通算8
2018/04/14ロッテ選手権

【速報】畑岡奈紗は7アンダーでホールアウト 首位と5打差

。ホールアウト時点で、首位と5打差の3位。 前半で3つ伸ばした。後半12番(パー3)でボギーを喫したが、直後の13番から連続バーディを決めた。 いずれも15ホールを終えたブルック・ヘンダーソン(カナダ)が通算12アンダー、モー・マーティンが通算8アンダーとしている。
2018/04/13ロッテ選手権

畑岡奈紗は7打差10位 首位にB.ヘンダーソン

◇米国女子◇ロッテ選手権 2日目(12日)◇コオリナGC(ハワイ州)◇6397yd(パー72) ツアー5勝のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算10
2017/07/19ヨーロピアンツアー公式

第146回「全英オープン」の大会アラカルト

入った同胞のJ.B.ホームズに結局11打差をつけた。もう一人の米国人、スティーブ・ストリッカーも最終日に「69」をマークし、通算5アンダーの4位に入り、さらに1打差の5位タイには北アイルランドのロリー
2017/08/26カナディアンパシフィック女子オープン

野村敏京、上原彩子が決勝へ 宮里美香、横峯さくらは予選落ち

、1ボギーの「67」でプレーして通算8アンダーとし、後続に2打差をつけて単独首位に立った。 通算6アンダー2位に初日首位のマリナ・アレックスと、ブリタニー・リンシコム、モー・マーティン。通算5アンダー
2017/07/16ジョンディアクラシック

崖っぷちの石川遼 シード確保へ大逆転のシナリオは?

ボーダーラインを確認しよう。今季はフェデックスポイントの分配率に大きな変更があり、例年450pt前後だったボーダーラインは格段に下がる。前週時点で125位のベンマーティンは280pt。流動的ではあるが
2017/03/08佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑230>トーマス・ピータース(前編)

上がった。第4Rで、彼の次に良いスコアだったのはマーティン・レアードの「66」で、ピータースの「63」は鮮烈なスコアだった。バーディ数は21個で、優勝のジョンソンと並びフィールド最多の1位。パーオン率は
2017/03/02HSBC女子チャンピオンズ

ミッシェル・ウィが首位発進 野村敏京は38位

度の3連続を含む8バーディ、2ボギーとし、後続に1打差の単独首位で飛び出した。 通算5アンダーの2位タイに、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、モー・マーティン、アンナ
2017/05/06ウェルズファーゴ選手権

石川遼は149位で予選落ち 復帰DJはカットライン上で予選通過

通算5アンダーの暫定首位で並んだ。 ホン・ラーム、ラファ・カブレラベロー(ともにスペイン)らホールアウトした5人と、15ホールを終えたスマイリー・カウフマンとベンマーティンが通算4アンダーの暫定2位に
2017/05/05ウェルズファーゴ選手権

石川遼は出遅れ 首位にF.モリナリ、復帰のDJは15位

アンダー6位にベンマーティン、ケン・デューク、シーマス・パワー(アイルランド)の3人が並んだ。 4月「マスターズ」開幕前日に階段から転落し、無念の欠場を強いられて以来の出場となる世界ランク1位の