ニュース

米国男子マックグラッドリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 マックグラッドリークラシック
期間:10/23〜10/26 シーアイランドリゾート(ジョージア州)

ツアー2年目のストレブが初優勝 三つどもえのプレーオフを制す

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック 最終日◇シーアイランドリゾート(ジョージア州)◇7,005ヤード(パー70)

米国男子ツアー第3戦「マックグラッドリークラシック」は新シーズン初のプレーオフへと突入。通算14アンダーで並んだロバート・ストレブブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)、ウィル・マッケンジーの三つどもえの戦いは、1ホール目にパーセーブできなかったマッケンジーがまず脱落。続く17番(パー3)でバーディを奪ったストレブが、デ・ヨングを退けてツアー2年目にしてうれしい初優勝を飾った。

この日、最終組がティオフする1時間半前に5打差を追いかけてスタートしたストレブは、上がり5ホールで4バーディを奪うなど、9バーディ2ボギーの「63」で首位をとらえ、その勢いのままプレーオフ2ホール目の17番(パー3)で、ティショットをピンそば1.2mにつけてバーディ奪取。この優勝により来年1月の「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」のほか、「マスターズ」「ザ・プレーヤーズ選手権」「全米プロ」の出場資格を手に入れた。

通算12アンダーの4位タイに続いたのは、ケビン・キスナー、ケン・デューククリス・カークラッセル・ヘンリーの4選手。首位タイから出たアンドリュー・スボボダは、最終日に「71」とスコアを落として通算11アンダーの8位タイに沈んだ。

今大会がPGAツアーデビュー戦となったS.J.パク(韓国)は、通算6アンダーの32位タイ。大会ホストを務めるデービス・ラブIIIは、最終日を「66」で回って通算5アンダーの41位タイで4日間を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 マックグラッドリークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。