2015/07/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑163>ケビン・キスナー

■初優勝へ最接近中!出場3試合でプレーオフ2回 ケビンキスナー(31)はPGAツアーで初優勝に最も近い選手だろう。4月の「マスターズ」翌週の「RBCヘリテージ・クラシック」では、惜しくもプレーオフ
2016/06/08佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑203>ケビン・チャッペル

、どうしても初優勝がつかめないでいる。今季も優勝への大チャンスは3度あった。昨年11月のRSMクラシックで、勝者ケビンキスナーに6打差で単独2位。敗れはしたものの、“勝機のある”良い雰囲気を漂わせていた。 2
2015/11/09ヨーロピアンツアー公式

ノックスが上海で初優勝

タイで最終日を迎えたノックスは、この日のシェシャンインターナショナルGCを「68」でラウンド。通算20アンダーまでスコアを伸ばし、2位のケビンキスナーに2打差をつけて勝利を飾った。 一方、早い時間帯
2015/11/08ヨーロピアンツアー公式

逆転優勝へ意欲満々のスピース

のスピースは、首位のケビンキスナーの10打後方で3日目を迎えるも、3日目を9バーディ、ノーボギーでラウンドし、首位との差を3スロークまで縮めることに成功した。 スピースは「マスターズ」、そして
2015/11/07ヨーロピアンツアー公式

キスナーが首位に浮上

世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピオンズ」は、背中の負傷を克服したケビンキスナーが2打差の首位に立って大会を折り返す展開となった。 米国出身のキスナーはブランデン・グレースから1打差の2位で2日目
2017/03/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑229>ブラント・スネデカー(後編)

浮上し、マスターズと世界選手権の出場権を獲得した。だが、昨年11月、ハーモンから離れ「他のコーチの考えを聞いてみたい」とジョン・ティレリーの元へ。ティレリーはジョージア州拠点で昨年大ブレークしたケビン
2015/08/26佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑170>ロバート・ストレブ

パターを使えなくなるのは致命的・・・になるはずだった。ところが本人もビックリ!パターよりも良い感じで、パットが次々に決まり5バーディを奪取。ダニー・リー、ケビンキスナー、デービッド・ハーンとの
2015/06/10佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑161>クリス・カーク

への注目と評価は急上昇していった。 その後もハリス・イングリッシュ、ラッセル・ヘンリー、ブレンドン・トッド、ブライアン・ハーマンら後輩たちも次々と勝利し、カークの1年先輩であるケビンキスナーは4週間
2016/01/02ヨーロピアンツアー公式

世界ランキングで振り返る2015年あれこれ

ジョーダン・スピース(269.44)、ジェイソン・デイ(205.15)、ケビンキスナー(165.28)の3人のみである。 2015年の正味ポイント最大獲得リスト ジョーダン・スピース 269.44
2016/10/25ヨーロピアンツアー公式

「WGC HSBCチャンピオンズ」の知っておくべきアラカルト

た。 最終日のシェシャンインターナショナルGCを「68」でラウンドしたインバーネス出身のノックスは、通算20アンダーとして、ケビンキスナーに2打差をつけて優勝を飾った。 早い時間帯にラウンドし、最終
2016/10/19佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑216>ウェズリー・ブライアン(後編)

・テーラーや、大躍進中のケビンキスナーら先輩たちも住み、今ではホームタウンとしている。「もし自宅からマスターズに“通勤”できたらスーパースペシャル!」とマスターズ初出場へも夢は広がっている。
2014/05/03PGAコラム

冷静なフローレスがカブレラと並び首位に浮上

フェデックスポイント8点を獲得しなければ、来週開催される「ザ・プレーヤーズ選手権」出場を逃すことになる。 メジャー優勝経験のあるスチュワート・シンク、マーティン・カイマー、そしてPGAツアー初優勝を目指すケビン
2017/08/14ヨーロピアンツアー公式

トーマスがクエイルホローでメジャー初制覇

で4度目の2位フィニッシュとなった。 通算5アンダーの5位タイにはリッキー・ファウラーと松山英樹が入り、さらに1打差で3日目まで大会をリードしたケビンキスナーとグラハム・デラエが続いた。 目覚ましい
2016/03/25WGCデルマッチプレー

1Wを戻して圧勝!松山英樹、決勝T進出への唯一シナリオは?

松山に対し、バンカーからの4打目がカップに入らなかった時点で、ケルドセンが帽子を取って勝負は終わった。 同じグループでは、ケビンキスナーを下して2連勝としたラファ・カブレラベロー(スペイン)が2
2017/05/01チューリッヒクラシック

月曜プレーオフは4ホールで決着 ブリクスト&スミスが優勝

・スミス(オーストラリア)のペアと、ケビンキスナーとスコット・ブラウンのコンビによるプレーオフが行われた。ブリクスト&スミス組が4ホール目をバーディとしキスナー&ブラウン組を振り切り、優勝した
2017/05/10佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑238>ラッセル・ノックス(前編)

HSBCチャンピオンズ」。最終日は、16アンダーで絶好調のケビンキスナーと首位発進した。期待が大きかったキスナーはやや乱調だったが、ノックスは終始冷静で安定感あるプレーを続け「68」。通算20アンダー
2016/08/26ザ・バークレイズ

松山英樹は終盤に挽回 苦しんだ強風とショット不振

だった松山は、同10位のジャスティン・トーマス、11位のケビンキスナーとプレー。練習日にはなかった強風が午後の上空を吹き荒れ、戦前の予想以上の苦戦を強いられた。 前週からのショットへの不安が払しょく
2016/10/27ヨーロピアンツアー公式

WGCタイトル防衛の機会を誇りに思うノックス

バーディを奪うなど、最終日を「68」でラウンドし、通算20アンダーとしてケビンキスナーに2打差をつけて優勝を飾った。 「ゴルフにおける最強のフィールドを相手にプレーするというのは、すばらしいことだね