最近のニュース 新着一覧≫


2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

。 「リンクスのテイストが入りながら、まっ平らではなく、若干アップダウンがあるのが特徴です。アリスター・マッケンジーが設計したコースデザインはバンカーが巧みに配置され、良いショットを確実に“その場所”に
2019/08/02ウィンダム選手権

初勝利狙う韓国勢2人が首位 小平智27位 松山英樹46位発進

21歳のイム・ソンジェ(ともに韓国)が「62」をマークし、8アンダーの首位スタートを切った。 1打差の3位タイにマッケンジー・ヒューズ(カナダ)、ロリー・サバティーニ(スロバキア)、パトリック
2019/08/03ウィンダム選手権

アン・ビョンフンが単独首位 松山英樹&小平智は予選落ち

マークし、通算13アンダーとして単独トップで大会を折り返した。1打差の2位にブライス・ガーネットがつけた。 通算11アンダーの3位タイにはイム・ソンジェ(韓国)、ウェブ・シンプソン、マッケンジー・ヒューズ
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

:27) ジミー・ウォーカー松山英樹 9:38(22:38) キャメロン・ウィルソンジェイソン・ダフナー 9:49(22:49) ウィル・グリマー (a)アーロン・バデリー 10:00(23:00
2019/04/06進藤大典ヤーデージブック

ティマークの誘惑 オーガスタ3番は心理戦を乗り越えろ

・ジョーンズとアリスター・マッケンジーの設計で開場し、年々進化を続けています。11番、12番、13番の“アーメンコーナー”は特に有名ですが、ほかにも攻略が難しいホールばかり。大会直前のこの連載では
2019/04/08進藤大典ヤーデージブック

“チーピン”も悪くない? オーガスタ10番は最難関

・ジョーンズとアリスター・マッケンジーの設計で始まり、年々進化を続けています。11番、12番、13番の“アーメンコーナー”はとくに有名ですが、他にも攻略が難しいホールばかり。大会直前のこのコーナーでは3
2019/04/10進藤大典ヤーデージブック

感動のフィニッシングホール オーガスタ18番は最終試験

とアリスター・マッケンジーの設計で開場し、年々進化を続けています。11番、12番、13番の“アーメンコーナー”は特に有名ですが、ほかにも攻略が難しいホールばかり。大会直前のこのコーナーでは、3ホール
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

1.過去10年の全米オープン優勝者 ルーカス・グローバー ダスティン・ジョンソン マルティン・カイマー ロリー・マキロイ ジャスティン・ローズ ウェブ・シンプソン ブルックス・ケプカ グレーム
2017/04/21バレロテキサスオープン

石川遼、4試合ぶり予選通過へ55位発進 グレース首位

アンダー「66」で単独首位発進した。1打差の2位にウィルマッケンジー、ジョン・ハー、スチュワート・シンク、スティーブン・アルカー(ニュージーランド)が続く。 5バーディ、4ボギーの「71」でプレーした石川
2014/10/24PGAコラム

シーサイドコースの戦い、着目したいもう一つの視点

)、エリック・コンプトン(ジョージア大)、マイケル・トンプソン(アラバマ大)。同じく首位に立ったウィルマッケンジーは大学でプレーしていないが、4選手が「65」の5アンダーで並んでいる。 その他にもパッ
2013/10/13PGAコラム

実を結んだマッケンジーの復活プラン

By Sean Martin, PGATOUR.COM 米国ツアーに復活するために、ウィルマッケンジーには戦略プランが必要だった。2012年のオフシーズンから計画を実行に移した彼は
2015/04/01ヨーロピアンツアー公式

マスターズについてあなたの知らない20の事実

ジェイミー・ケネディ&ウィル・ピアソン(europeantour.com) 2015年の「マスターズ」まであと1週間ちょっととなった今、europeantour.comではオーガスタナショナルと一年