ニュース

米国男子ザ・ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ザ・ツアー選手権
期間:11/06〜11/09 場所:チャンピオンズGC(テキサス州)

タイガー、シンともに出遅れ!!タイガーの賞金王に黄色信号

米国男子ツアー2003シーズンの最終戦「ザ・ツアー選手権」が、テキサス州ヒューストンのチャンピオンズGCで開幕した。この試合で賞金王が確定するのだが、ランキング首位のビジェイ・シン、同2位のタイガー・ウッズが最終組で直接対決を向かえた。

2番、4番ホールでボギーを叩き出遅れたシンに対し、タイガーは4番でバーディを奪うと続く5番パー5ではイーグルを奪い、シンとは5打差に開いた。タイガーがこのままスコアを伸ばす勢いだったが、事態は一変した。

<< 下に続く >>

11番でボギーを叩くと、13番ホールまで3連続ボギー。首位に1打差の3アンダー2位グループにつけていたタイガーだが、あっという間に貯金を使い果たしてしまった。その後2バーディを奪い再び上位に浮上したが、最終18番でもボギーを叩き1アンダーの13位で初日を終えた。

対するシンは、9番パー5でバーディを奪ったが、10番でこの日3つ目のボギーを叩き再び2オーバーに戻してしまった。その後は8ホールすべてパープレーを続け23位。タイガーとは3打差で2日目を迎えることになる。

首位は4アンダーをマークしたチャールズ・ハウエルIIIケニー・ペリーの2人。早い時間にスタートしたハウエルが、いち早く4アンダーでホールアウトし、タイガーなど6人の選手が1打差の3アンダーで追いかけていた。その3アンダーグループから抜け出したのがペリー。後半スコアを崩してしまったのはタイガーだけでなく、アーニー・エルスもその一人だった。14、15番で連続ボギーを叩き、エルスもタイガーと並び1アンダーの13位つけている。

賞金王と並び注目されているのが「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」の行方。タイガー、シン以外にはデービス・ラブIIIマイク・ウィアジム・フューリックがその候補に挙げられている。ところが、この3人も初日は出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ザ・ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!