ニュース

米国男子マックグラッドリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マックグラッドリークラシック
期間:10/18〜10/21 シーサイドコース(ジョージア州)

T.ゲイニー7打差逆転!ベテラン勢は最終日に散る

◇米国男子◇マックグラッドリークラシック 最終日◇シーサイドコース(ジョージア州)◇7,055ヤード(パー70)

今季のフォールシリーズ第3戦はベテラン勢の活躍が目立ったが、最終日に10ストローク伸ばしたトミー・ゲイニーが通算16アンダーをマークし逆転優勝を決めた。通算6アンダー29位タイでスタートしたゲイニーは、14番までに7つのバーディを奪うと、15番パー5でグリーン手前バンカーからチップインイーグル。その勢いで16番でもバーディを奪い、1打差でツアー初勝利を掴んだ。

通算15アンダー単独2位は11位タイからスタートしたデビッド・トムズ。45歳のベテランが1番でボギーを先行しながらも、8つのバーディを奪う猛攻で1年ぶりの優勝まであと一歩のところまで迫っていた。

最終日を首位タイで迎えた42歳のジム・フューリックは、2バーディ、1ボギーと1ストロークしかスコアを伸ばせず優勝を逃してしまった。同じく首位タイスタートの47歳、デービス・ラブIIIは、15番までにスコアを1つ伸ばしていたが、16番で痛恨のダブルボギーをたたき、通算12アンダー4位タイで自身のホスト大会を終えた。

同じく4位タイにはD.J.トレハン、ブレンダン・デ・ヨング(ジンバブエ)の2人が並び、通算11アンダー7位タイにはチャド・キャンベルチャールズ・ハウエルIIIグレッグ・オーウェン(イングランド)の3人が並んだ。通算10アンダー5位タイにつけていた米国期待の新鋭バド・コーリーはスコアを崩し、通算8アンダー20位タイに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マックグラッドリークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。