2019/05/09ヨーロピアンツアー公式

「ベットフレッド英国マスターズ」で知っておくべき5つのこと

ピーター・ベーカー、ニック・ファルド、マシュー・フィッツパトリック、トミー・ホートン、ガイ・ハント、トニー・ジャクリン、マーク・ジェームス、バリー・レーン、グレッグオーウェン、ジャスティン・ローズ、そして
2018/08/02バラクーダ選手権

ツアー唯一のポイント積み上げ方式 WGC裏大会

、バーディやボギーなどのスコアによって異なるポイント(※)を積み上げる「ステーブルフォード方式」が採用されている。 昨年は首位と13ポイント差の22位から出たクリス・ストラウドが、グレッグオーウェン
2016/10/29サンダーソンファームズ選手権

岩田寛は8位で決勝へ 首位に未勝利のG.マレー

アンダーの2位にグレッグオーウェン(イングランド)とシーマス・パワー(アイルランド)。上位3人をツアー未勝利者が占め、本命不在を象徴するリーダーボードとなっている。 首位と3打差の5位タイからスタート
2016/10/31サンダーソンファームズ選手権

岩田寛は5位 コディー・グリブルが逆転でツアー初優勝

「65」をマークして通算20アンダーとし、後続に4打差をつける逆転劇でツアー初優勝を飾った。通算16アンダーの2位にグレッグオーウェン、ルーク・リスト、クリス・カークの3人が並んだ。 5位には岩田の
2017/08/07バラクーダ選手権

クリス・ストラウド、プレーオフを制してツアー初V

、3ボギーで今大会のベストポイント「20」を最終日にたたき出すと、グレッグオーウェン(イングランド)、リッチー・ウェレンスキの通算44ポイントに並んで、プレーオフに突入した。 プレーオフ1ホール目の
2016/08/10ジョンディアクラシック

リオ五輪と同週開催 岩田寛にかかる逆転シード権獲得

米国男子ツアー「ジョンディアクラシック」は11日(木)にイリノイ州のTPCディアランで開幕する。ブラジルで同じ日程で「リオデジャネイロ五輪」が開催される一方で、日本からは岩田寛が出...
2015/06/14フェデックス セントジュードクラシック

オーウェンとゴメスが首位分け合う ケプカは1打差

◇米国男子◇フェデックス セントジュードクラシック 3日目◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7239yd(パー70) ともに首位から3打差の4位から出たグレッグオーウェン(イングランド)と
2015/07/06ザ・グリーンブライアークラシック

ダニー・リーが4人のプレーオフを制してツアー初優勝

アンダーの32位タイ、「70」の石川遼は通算イーブンパーの76位で4日間を終えた。 また、今大会で2週間後の「全英オープン」出場権を獲得したのは、ダニー・リー、デビッド・ハーン、グレッグオーウェン、ジェームズ・ハーンの4人となった。
2015/06/12フェデックス セントジュードクラシック

首位にケプカら3人 ミケルソンは4差20位発進

ジュードクラシック」が開幕。ブルックス・ケプカ、ライアン・パーマー、グレッグオーウェン(イングランド)の3人が6アンダーで首位に並ぶ混戦で始まった。 首位と1打差、5アンダーの4位にスコット・ブラウン
2015/06/15フェデックス セントジュードクラシック

ゴメスがツアー初勝利 ミケルソンは猛追3位で「全米」に弾み

「66」で通算13アンダーまで伸ばし、プロ13年目でツアー初優勝を果たした。ゴメスと並んで出た43歳グレッグオーウェン(イングランド)はスコアを伸ばせず、通算9アンダーで2位に終わり、米ツアー初Vを逃し
2015/03/26ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアーのへんてこトロフィー、ベスト(?)13

・グーセン、そしてセルヒオ・ガルシアと、蒼々たる面々が名を連ね、なんとも“造形的な”トロフィを掲げた。 ■デイリーテレグラフ・ダモヴォ・ブリティッシュマスターズ いや、これは決してグレッグオーウェン
2013/09/08ウェブドットコムツアー

入れ替え戦の石川遼“裏街道”から19位に浮上

・ピータソンの2人。1打差の3位に、前日首位のグレッグオーウェン(イングランド)、トロイ・マッテソン、ピーター・マルナティの3人が並んでいる。通算7アンダーの6位グループにはレギュラーツアー2勝のボーン
2013/09/07ウェブドットコムツアー

石川遼33位で「入れ替え戦初」の予選突破

上回り、明日以降、入れ替え戦では初となる決勝ラウンドで上位進出を図る。 首位は予選ラウンドの2日間を石川と同組でプレーし、この日の「66」で通算8アンダーまでスコアを伸ばしたグレッグオーウェン
2013/07/30PGAコラム

再び波にのったスネデカー

と並んで2位に入ったジェイソン・ボーンも137位から93位へジャンプアップ。グレッグオーウェン(イングランド)は先週の12位タイで139位から127位へ、同じく16位タイだったチャド・キャンベルは
2013/07/06PGAコラム

「62」をマークしたエブリーが単独首位に

7アンダーには、ベン・カーティス、グレッグオーウェン、ジョナス・ブリクストが並んでいる。 面白いことに、初日の平均スコア「70.096」はこの日「69.668」となり、2日目の方がより易しいラウンド
2013/07/28RBCカナディアンオープン

B.スネデカーが首位浮上 松山は24位タイに後退、石川は最終日に進めず

、通算13アンダーの2位にデビッド・リングマース(スウェーデン)。通算12アンダーの3位タイに、マット・クーチャーとジェイソン・ボーン。通算11アンダーの5位タイに、ダスティン・ジョンソン、カイル・スタンリー、ジョン・メリック、チャーリー・ホフマン、グレッグオーウェン(イングランド)の5人が続いている。