ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/02〜06/05 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

S.ストリッカーが単独首位!今田は14位タイで決勝ラウンドへ

オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで開催されている米国男子ツアー第24戦「ザ・メモリアルトーナメント」の2日目。5位タイからスタートしたスティーブ・ストリッカーが、通算9アンダーで後続に3打差をつけて単独首位に立っている。

10番からスタートしたストリッカーは前半スコアメイクに苦しみ1バーディ、2ボギーとなかなかスコアを伸ばせない。しかし後半、ストリッカーは猛チャージを見せた。折り返し直後の1番では、約10mのロングパットを沈めてバーディ。さらに5番、6番の連続バーディで勢いに乗ると、迎えた8番パー3ではホールインワンを記録。この日最終ホールの9番でも約4.5mのバーディパットを沈め、「67」でホールアウトし、単独首位で決勝ラウンドに進出する。

<< 下に続く >>

35位タイからスタートした今田竜二は、この日6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと2ストローク伸ばして、通算3アンダーの14位タイとしている。前週の「HP バイロンネルソン選手権」で今季自己最高の3位タイフィニッシュ。苦しいシーズン序盤を抜け出し、本格的な復活劇が見られるのか。

通算6アンダーの2位タイには、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョナサン・バードリッキー・バーンズロッド・パンプリング(オーストラリア)の4選手が続いている。通算5アンダーの6位タイには、世界ランク1位のルーク・ドナルド(イングランド)、アーロン・バデリー(オーストラリア)、ライアン・ムーアらが浮上し、6選手が並ぶ混戦となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!