ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

丸山を筆頭に6名の日本選手が全英に挑む!!

メジャー第3戦「全英オープン」が、7月15日(木)から18日(日)までの4日間、スコットランドのロイヤルトゥルーンGCで開催される。今年133回目となる全英だが、ロイヤルトゥルーンが会場となるのは今回が8回目。前回1997年大会はジャスティン・レナード(米国)が優勝を果たした。

昨年の全英オープンは、タイガー・ウッズ(米国)、デービス・ラブIII(米国)、ビジェイ・シン(フィジー)など強豪が優勝争いに加わったが、無名のベン・カーティス(米国)が、メジャー初出場にしてタイトルを勝ち取った。

<< 下に続く >>

今年の注目は、8試合メジャータイトルから遠ざかっているタイガーが復活の優勝を遂げることができるか。それとも、マスターズで優勝したフィル・ミケルソン(米国)や、全米オープンでメジャー2勝目を果たしたレティーフ・グーセン(南アフリカ)など勢いのある選手が来るか。それとも昨年のカーティスのように、新鋭が栄誉を掴むのだろうか。

また、日本の丸山茂樹にも期待がかかる。6月の全米オープンでは最後まで優勝争いに加わり4位に入った丸山。2年前の全英オープンでは、アーニー・エルス(南アフリカ)と最終日の最終組でラウンドし1打差で涙を飲んだ。今度こそメジャータイトルを奪えるか注目だ。

また、日本からは丸山のほかに平塚哲二星野英正、神山隆志、深堀圭一郎塚田好宣が出場を予定している。昨年度の賞金王として出場資格を得ていた伊沢利光は、体調不良により欠場を表明している。日本勢6名や日本ツアーから出場資格を得たS.K.ホディネッシュ・チャンド、さらには好調のブレンダン・ジョーンズなどの活躍に期待する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!