ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

8番「切手」ホールの難易度に注目!

全英オープン

「ポステージ・スタンプ(切手)」と名付けられた8番ホール。123ヤード、パー3で、97年大会でタイガー・ウッズにトリプルボギーを叩かせた名物ホール。

ティグラウンドから見て名前の由来どおり、「切手」サイズの小さなグリーンの周囲には5つのバンカーが待ち構えている。グリーンを捉えられなくてもバンカーに入らなければまだラッキー。バンカーに入れてしまったら最後。トリプルを叩いてしまうような地獄ホールになっている。

<< 下に続く >>

タイガー・ウッズ
「厳しいホールだよ。風が吹けば本当に厳しい。風がなければピッチングで打ってバーディチャンス。でも風が吹けば7番、8番アイアンで狙って右にも左にも外せないという大きな賭けになる」

コリン・モンゴメリー
「(難易度は)オーガスタの12番、ペブルビーチの7番に並ぶね。短いホールだけど、敬意を表してプレーしないと痛い目に合うよ」

ジェイ・ハース
「厳しい挑戦だよ。123ヤードという短さが、ピンに絡まなければ恥じだというプレッシャーをかける。だから余計に難しい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!