ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

向かい風のバックナイン攻略法はあるのか?!

全英オープン

フロントナインがダウンウィンド、いわゆるフォローの風でさらに距離が短く感じるロイヤル・トゥルーン。魔の8番ホールを除けば、バーディチャンスが溢れる易しい9ホール。タイガーも「最も易しいフロントナイン」と語っていた。

しかしバックナインに入るとコースが牙を剥く。向かい風の上に長距離、選手達からは「まるでパー5が8つでまともなパー4が1つといった難しさ」だと嫌がられている。

<< 下に続く >>

アダム・スコット
「悲惨だね。とにかく長い。何ホールかはさらに距離を伸ばしているしね。それにコース特有の風が吹いたら、グリーンへは2番や3番といったロングアイアンで打つしかない。さらに風がきつく左から吹かれてしまうと、もうロングアイアンはコントロール不可能になる」

セルヒオ・ガルシア
「10番で4番アイアン、11番で2番アイアン、13番で3番アイアン、14番で4番アイアン、15番で3番アイアン、17番と18番で2番アイアン。これで分かるように厳しいんだ。でも条件はみんな一緒だから。僕はツアーの中でも飛ばない方じゃないからね。僕より飛ばない選手はもっと苦労すると思うよ」

ジェリー・ケリー
「フロントナインでは580ヤードのパー5にドライバーと4番アイアンで攻められるのに、バックナインでは480ヤードのパー4にドライバーと3番ウッドで打たなければならなかった。厳しいよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!