ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース(イリノイ州)

聖地で蘇った強いタイガー・ウッズが、ダブルグランドスラムを達成!!

スコットランド、セントアンドリュース オールドコースで開催中の今季メジャー第3戦「全英オープン」最終日。強い風は影を潜めたが、晴天続きでフェアウェイとグリーンはさらに固く乾いた。「ティショットでボールが転がる距離を予想できないのでスコアメイクが難しかった」。タイガーが3日目に語ったリンクス特有の厳しさは、最終日にその難度をさらに高めていた。

2位と2打差の首位でスタートしたタイガー・ウッズは、5番と9番の比較的やさしいホールでしっかりとバーディを奪い、フロント9で予定どおり2つ伸ばして迎えた10番。タイガーは勝負を掛けてきた。ドライバーで1オンを狙うもボールはバンカーに。結局このホールをボギーとし、この時点で2位に1打差。勝負は分からなくなってしまった。

しかし、タイガーを追い上げていたコリン・モンゴメリー(スコットランド)とホセ・マリア・オラサバル(スペイン)がバックナインに入りスコアを落としてしまう。一方タイガーは12番で難しいアプローチをきっちり寄せバーディ。この時点でモンゴメリーとオラサバルに4打差。その後も差は開いていき終わってみれば2位に5打差をつけトータル14アンダー。初日から一度も首位を明け渡さない完勝となった。

タイガーのメジャー優勝は10勝目。この優勝ですべてのメジャーが2勝以上となり、ダブルグランドスラムの達成となった。この記録は今大会でメジャーを引退したジャック・ニクラスに続く史上2人目の快挙。帝王といわれたニクラスが引退した聖地・セントアンドリュースで、新たなタイガー時代の幕開けを決定づける記録を刻んだ。

日本人選手では高山忠洋が順位を上げてきた。4バーディ、2ボギーで2つスコアを伸ばしトータル4アンダーで23位タイ。「もっと練習を積めばメジャーでも十分戦える感触をつかみました」と聖地での初メジャーで自信をつけた。一方、藤田寛之は4バーディ、5ボギーと出入りの激しい展開でスコアを1つ落とし、トータル1アンダーの41位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。