ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース(イリノイ州)

今日の日本人選手/高山忠洋が4アンダー23位!藤田は最後まで粘りのゴルフ

全英オープン最終日

2アンダー39位タイで並んで最終日を迎えた藤田寛之高山忠洋の2人。3日目の勢いの違いが最終日のスコアにも現れてしまった。前日バーディラッシュを決めた高山は、この日もスコアを2つ伸ばし通算4アンダーの23位タイ。藤田寛之は1アンダー41位で4日間の競技を終えた。

2番ホールでバーディを奪った高山はショットが好調で、その後も数多くのバーディチャンスを迎えた。ところが、前日のようなパッティングの冴えは見られずパープレーが続いた。距離の短い9番パー4では、4日連続となるバーディを奪い、初日、3日目にボギーを叩いた12番パー4を克服するバーディで5アンダーまで伸ばした。

この時点では最終組がスタートしていない状況だったが、暫定で10位タイまで浮上。来年の「全英オープン」出場資格が与えられる10位タイ以内、という成績が見えてきた。ところが続く13番、さらに前日もボギーを叩いている17番でスコアを落とし、最終18番では今大会通算19個目のバーディで締めくくったが4アンダー23位タイで初メジャー「全英オープン」の競技を終えた。

2日目に4ストローク伸ばしたが、それ以外は耐えるゴルフをしてきた藤田は、最終日も出入りの激しい苦しいラウンドとなった。スタートから3ホールは確実にパーをセーブしたが、距離の長い4番パー4ではこの日もボギー。スコアを伸ばしやすい5番パー5と9番では確実にバーディを奪ったが、12、13番で連続ボギー。その後は2バーディ、2ボギーで通算1アンダーの41位タイでフィニッシュした。

藤田は4番と13番で4日間全てボギーを叩いてしまった。苦手ホールを作ってしまったことが、スコアメイクに苦しんだ要因だ。それでも、ホールアウト後は、「初めての挑戦で自分らしいプレーが出来た」と、藤田らしい清々しい笑顔でセントアンドリュースを後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。