ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

P.ミケルソンとK.フェリーが首位タイ。今田竜二が16位タイに浮上!

ニューヨーク州にあるウィングドフットGC西コースで行なわれている、男子メジャー第2戦「全米オープン」の3日目。7位タイからスタートしたフィル・ミケルソンがこの日1アンダーとスコアを伸ばし、各選手スコアを落とす中、ケネス・フェリー(イングランド)と並んで通算2オーバー、首位タイに浮上した。

ティショットが定まらないミケルソンは、出入りの激しいゴルフとなる。ボギーも3つあったものの、この難コースで4つのバーディを奪取し、メジャー3連覇に王手をかけた。

<< 下に続く >>

一方、5位タイからスタートしたフェリーは、幸先良く3番でバーディを奪取する。続く4番をボギーとしたものの、5番パー5でイーグルを獲得。その後は3つのボギーを叩き、通算2オーバーとしたものの、ミケルソンと並んで首位に立っている。

単独3位には、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)が通算3オーバーで入り、続く4位タイに、ビジェイ・シン(フィジー)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)が5オーバーで並ぶ混戦模様。ジム・フューリックも通算6オーバーの8位タイと、最終日の戦いから目が離せない展開となっている。

日本人で唯一決勝ラウンドに残った今田竜二が、一気に順位を上げてきた。2バーディ、1ボギーの69は、首位タイのミケルソンと2人だけの60台で、この日のベストスコア。通算8オーバーとし、53位タイから16位タイにジャンプアップした。翌年のシード権が与えられる2年連続15位タイ以内を目指し、好位置で最終日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!