ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

ジェイ・ハース(52歳)が、ツアー予選通過新記録と上位フィニッシュを狙う

52歳のジェイ・ハースは今シーズン好調なゴルフを続けている。チャンピオンズツアーで「全米シニアプロ選手権」の優勝を含む3勝。レギュラーツアーでもツアーカードを取得した次男のビル(24歳)と一緒に参戦している。「メモリアルトーナメント」で予選を通過(最終順位は29位)したハースは、トム・カイトが保持していたツアー予選通過記録、590試合に並んだ。

今年の全米オープンは、オハイオ州コロンバスで行われた最終予選会を69-70=139(5アンダー)で通過して27回目の挑戦となる。これまでのベストフィニッシュは95年大会の4位。会場となるウィングドフットGCは32年前の1974年大会にアマチュアとして参加し(54位)、プロ天候後の84年大会(11位)、そして97年の「全米プロ選手権」(61位)という結果を残している。

<< 下に続く >>

今年の「全米オープン」で予選を通過すればトム・カイトの記録を抜き去り、単独で新記録を樹立するが、ハースの目標設定はもっと上にあるのかもしれない。

参考記録:今年の最年長出場は昨年全米試合オープンを制したアレン・ドイル(57歳)

●● USPGAツアー予選通過記録 ●●

1位: ジェイ・ハース 590試合(794試合参加)
1位: トム・カイト 590試合
3位: レイ・フロイド 583試合
4位: ジーン・リトラー 566試合
5位: ダグ・フォード 561試合
6位: アーノルド・パーマー 543試合

参考記録
ジャック・ニクラス 506試合(594試合参加)
フィル・ミケルソン(ツアー15年目) 275試合予選通過(335試合参加)
タイガー・ウッズ(ツアー11年目) 193試合予選通過(206試合参加)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!