ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウィンダム選手権
期間:08/14〜08/17 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

熾烈極めるプレーオフシリーズ出場争い

By Sean Martin, PGATOUR.COM

「ウィンダム選手権」前日の朝に練習場で見たジョンソン・ワグナーのショットからは自信が感じられなかった。

ウェッジでシャンクし、同じクラブでプルフックした挙句に初日を迎えた。

<< 下に続く >>

「良い流れに乗れていなかったけれど、1番ホールでティショットをフェアウェイに乗せられて、グリーンも捕えられた。それで軌道修正出来たと思う。今日も決して自分のベストではなかった。ただ、ようやく、やっとのことでパターの感覚を掴めたよ」と話したワグナーは、復調の兆しを感じている。

PGAツアー3勝をあげているワグナーは、現在フェデックスカップランキング157位。PGAツアーレギュラーシーズン最終戦で上位に入れなければ、来季のフルシード権を失いかねないが、「ウィンダム選手権」初日には5番ホールでのイーグルを含み、ラスト2ホールでもそれぞれ約8メートル、2メートルのパットを沈めて連続バーディでフィニッシュした。

昨年からPGAツアーのシステムが大きく変更され、レギュラーシーズン最終戦である「ウィンダム選手権」終了時点でフェデックスカップランキング上位125位以内の選手にプレーオフシリーズ出場資格が与えられる。フェデックスカップランキング上位125位を逃した場合でも、賞金ランキング上位125位に入れば、2014-15シーズンのフルシード権を獲得できる。プレーオフシリーズ出場権獲得当確ライン上にいる数選手が、「ウィンダム選手権」初日に好スタートを切った。

その1人のワグナーがフェデックスカップランキング125位に入るためには、今大会でトップ3フィニッシュが条件となる。トップ3を逃せば、来季のフルシード権をかけ、ウェブドットコムツアーファイナルに臨むことになる。今シーズンのワグナーは、初戦から19戦まででわずか6回しか予選を通過できなかったが、ここ4大会連続して予選を通過し、「ジョンディアクラシック」での7位タイを含み、4週続けて34位以上という結果を残している。

ワグナーは、「シーズンを通して125位にはこだわらないと言い続けてきた。本当に気にもしていない。今大会で上位入賞が必要なのはわかっている。とにかく良いゴルフを取り戻す必要がある。先月は好調だった。今日もしばらくぶりに楽しくプレー出来た」とコメントしている。

7年続けてフェデックスカッププレーオフシリーズに出場しているJ.J.ヘンリーだが、今季は出場出来るかどうか危うい立場に立たされている。「ウィンダム選手権」初日前の時点でフェデックスカップランキング130位としたヘンリーは、セッジフィールドでの初日に「66」の4アンダーと好スタートを切った。

「14年目だけれど、今回のような状況は初めて。ストレスが溜まるね。大変だけれど、長い目で見れば自分の成長に繋がると思う。恐れずに、このチャレンジを受け入れようとしているよ」。

アンドリュー・ルーペは、長丁場のPGAツアーフルシード権獲得レースに慣れている。2013年にはウェブドットコムツアーのレギュラーシーズン最終戦で12位に入り、賞金ランキングでも86位から70位にジャンプアップし、ウェブドットコムツアーファイナル出場権を獲得。ファイナルシリーズの初戦から3戦続けて予選落ちとなったが、最終戦となる「ウェブドットコムツアー選手権」最終日、ミスが許されない状況の中、最終ホールで約2メートルのパットをねじ込み、6位に入りフルシード権を獲得した。

ルーペはプレッシャーのかかるシチュエーションについて、「このためにプレーしているようなもの。神経をすり減らすけれど、最後の局面で自分次第という状況を上回る快感はないからね」と語る。

マイク・ウィアは「HP バイロン・ネルソン選手権」で2位に入ったため、既に2014-15シーズンのフルシード権を獲得している。今大会に出場した目的は、フェデックスカッププレーオフシリーズ出場権の獲得だ。

「まだプレーしたいからね。来季のフルシード権は獲得したけれど、まだまだプレーしたい。今取り組んでいることがあって、自分のプレーに興奮しているんだ。自分が成長する過程を楽しめているから、まだまだプレーしたい」。

2003年の「マスターズ」王者は、「ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ」に出場した2009年以降、プレーオフシリーズには進出できていない。

ウィアと同様のケースはポール・ケーシーで、賞金ランキングでこそ98位だが、フェデックスカップランキングは134位で、「来週もプレーしたいからね」と、意気込みを語った。

今大会初日の時点でフェデックスカップランキング139位(賞金ランキング125位)だったバド・コーリーは、スタートから6ホールで4ボギーを叩いたものの、「69」の1アンダーと挽回した。

初日に「70」のイーブンパーを記録したアンドレス・ロメロは、現時点でフェデックスカップランキング126位で、今大会前の時点で賞金ランキング126位。

モーガン・ホフマンは現時点でフェデックスカップランキング125位、賞金ランキング122位につけている。ホフマンは、プレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」開催コースであるリッジウッド・カントリークラブから15分圏内のニュージャージー州のフランクリンレイクス出身。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!