ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウィンダム選手権
期間:08/14〜08/17 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

イーグルすら不満…松山英樹、ショット復調への策は

2014/08/15 08:46

ノースカロライナ州のセッジフィールドCCで開幕した米国男子ツアー「ウィンダム選手権」初日。松山英樹は1イーグル、1ボギーの「69」(パー70)でまとめ、1アンダーの49位タイでスタートし、本調子には程遠いショットの出来に嘆き節が続いた。

「気持ちよくプレーしたいです。いいティショットを打って、気分よくセカンド地点に行って…そこからミスしてボギーを打ったら仕方ない、って感じで。気分よくゴルフしたいです」。ホールアウト後の松山は表情こそ笑顔を交えて穏やかだったが、たまり続けるイライラを包み隠そうとしなかった。

<< 下に続く >>

スタートホールの10番。左サイドのフェアウェイバンカー前方、左足上がりのラフからの2打目は、シャンク気味に右サイドへ飛び、いきなりボギー。上位陣がバーディ合戦を展開したように、取り返すべきチャンスホールはその後も多くあったが「まだパターの方が良いストロークもあって、しっくりきている。でもショットは良いところがひとつもなく…」と噛み合わず、好発進につなげられなかった。

この日一番の見せ場は後半5番(パー5)だったはずだ。フェアウェイから残り189ヤードの第2打は、7番アイアンでアゲンストの風を裂き、ピン手前1.5メートルにピタリ。パーが並ぶ停滞ムードを破る起死回生のイーグル奪取となったが、歓声に包まれる松山自身の心境は“ビミョー”。

「ううん…ムリヤリ(ピンそばに)つけた感じですよね。当たりは悪かった。たまたま、コロコロ…って、ついてくれた。セカンドが7番アイアン、あの距離ではイーグルを取った気分にもならないし、自分がいいショットを打ったという感じもしなかったですし。(イーグルという)スコア的に良かったなというだけで、自分の気持ちが乗っていく感じはしなかったです」。立場や聞こえようによっては贅沢な悩みだが、今大会の出場全選手で最高位となる世界ランク18位の男の言葉なら、必ずしもそうは聞こえない。

次週からは全4戦のサバイバルレース、初参戦のフェデックスカッププレーオフが控えており、早く復調のきっかけをつかみたいが、やるべきことを明確にしているからこそ、焦る様子はない。「練習しかないと思うんですよね。練習が悪いのか、考え方が悪いのか…いまは分からない。でも練習しないと『考え方が悪い』とも思えない。練習します!」。怪物の解決法は、いつだってシンプルだ。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!