2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

ブレンドン・トッド ニック・テイラー カルロス・オルティス ジュリアン・エトゥレイン スコッティ・シェフラー マイクウィア ブライアン・デービス マット・ジョーンズ チャールズ・ダニエルソン
2019/04/02マスターズ

2019年「マスターズ」出場選手&資格

・マイズ ホセ・マリア・オラサバル パトリック・リード シャール・シュワルツェル アダム・スコット ジョーダン・スピース ビジェイ・シン バッバ・ワトソン マイクウィア ダニー・ウィレット タイガー
2017/07/30GDOEYE

左打ち天国って本当?カナダのゴルフ量販店に行ってみた

練習しなさい」。カナダ人として、また左打ちの選手として、初めて「マスターズ」を制したマイクウィアのエピソードだ。 実際、カナダは左打ち天国だという話を聞く。その理由は、カナダ人はみな幼少から国技である
2017/05/16ヨーロピアンツアー公式

2人のマスターズ王者が初開催のロッコフォルテ出場へ

今週はかつての「マスターズ」王者であるトレバー・イメルマンとマイクウィアが、シチリアのベルドゥラで開催される第1回「ロッコフォルテオープン」に出場し、かつてのヨーロピアンツアー王者や
2017/08/17フィジーインターナショナル

ダニエル・ピアースが単独首位 竹安俊也は33位

の1アンダー「71」で24位とした。 マスターズ覇者のマイクウィア(カナダ)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)はともにイーブンパーで回り33位。日本人で唯一出場している竹安俊也も3バーディ、3ボギーで同じく33位だった。
2017/08/16フィジーインターナショナル

フィジーで3ツアー共同主管大会 マスターズ覇者2人も出場

をつける圧勝で欧州ツアー初優勝を挙げた。地元フィジーのヒーロー、ビジェイ・シン(当時53歳)は15位タイ。地元勢の最高位で4日間を終えた。 マスターズ覇者のマイクウィア(カナダ)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)は大会推薦で出場する。日本からは唯一、竹安俊也がエントリーしている。
2017/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの大会アラカルト

、そしてマット・ウォラスはそれぞれこの大会で今季2勝目を狙っており、2003年の「マスターズ」王者であるマイクウィアも出場する。 コース ウィーンから35キロ離れた場所に位置するダイアモンドCCは
2017/05/17ヨーロピアンツアー公式

「ロッコフォルテオープン」の大会アラカルト

リカルド・カールベリ(2015年)、ジュリアン・ケン(2013年)、そしてスティーブ・ウェブスター(2005)も出場する。 ともにグリーンジャケットを獲得したトレバー・イメルマン(2008年)とマイク
2016/10/30WGC HSBCチャンピオンズ

アジア勢初勝利!松山英樹が制した世界選手権シリーズとは

者はアーニー・エルス(南アフリカ)と、ビジェイ・シン(フィジー)、マイクウィア(カナダ)だけ(2002年に伊澤利光と丸山茂樹が優勝した「ワールドカップ」を除く)。松山はアジア出身選手として初めて
2017/05/18ロッコフォルテオープン

舞台は絶景のシチリア島 イタリアで新規大会がスタート

」を制したマット・ウォラス(イングランド)は2週連続優勝を目指す。海外メジャー覇者のトレバー・イメルマン(南アフリカ)とマイクウィア(カナダ)、ツアー1勝で21歳の李昊桐(リー・ハオトン/中国)らが出場する。
2015/07/23RBCカナディアンオープン

マスターズ初のレフティ王者が無期限休養

「マスターズ」歴代王者、マイクウィア(カナダ)が私生活の問題を理由に無期限で休養することになった。23日(木)開幕の「RBCカナディアンオープン」には出場せず、当面の間、米ツアー競技を離れる。 2
2016/06/28ヨーロピアンツアー公式

第100回フランスオープンの知っておくべきアラカルト

・ウィレット、「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのダレン・クラーク、パドレイグ・ハリントン、カイマー、マクドウェル、マイクウィア、そしてY.E.ヤンが今週パリでティアップする。フィールド中、この大会で
2014/05/19HP バイロン・ネルソン選手権

苦労人マイク・ウィアが2位 44歳からの復活に「楽しみ」

テキサス州ダラスにあるTPCフォーシーズンズリゾートで行われた米国男子ツアー「HPバイロン・ネルソン選手権」の最終日、44歳のベテラン、マイクウィア(カナダ)は6バーディ3ボギーの「67」で回って
2016/02/18GDOEYE

リビエラCCで、ツアー最長の30年間君臨する記録とは?

。でも力でこのコースはねじ伏せられないことを歴史が証明している」。 2001年には伊澤利光が6人のプレーオフの末に敗れて2位となり、04年には丸山茂樹が優勝したマイクウィアに1打届かず2位となった