ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

「83」の大叩き B.ワトソンはアレルギーのため棄権

バッバ・ワトソンは、「アーノルド・パーマーインビテーショナル」初日後、アレルギーにより大会を棄権した。

ワトソンは初日に1ホールで11打を叩くなど「83」と大崩れ。PGAツアーの大会では、2008年の「ザ・メモリアルトーナメント」2日目に「84」を打って以降のワーストスコアでのラウンドとなった。

ワトソンは木曜日に1バーディ、3ボギー、1トリプルボギーを記録したのち、パー5の6番(この日の15ホール目)ではティショットを池に沈めた――それも3度も。7打目でようやく地面に届いたが、レイアップ後に2.5メートルを2パットして+6(11ストローク)でようやくホールアウトした。

ワトソンはベイヒル(今大会)での2週間前に「WGCキャデラック選手権」で2位に入り、先月の「ノーザントラストオープン」では優勝。2012年の4位タイを含み、今大会では過去2年トップ15に入っていた。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 アーノルド・パーマーインビテーショナル

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~