ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

実は風邪気味 世界一へ、スコットがベイヒルベスト「62」

フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで開幕した米国男子ツアー「アーノルド・パーマーインビテーショナル」初日。世界ランク2位のアダム・スコット(オーストラリア)が2イーグルを含む「62」をマークして10アンダーの単独首位発進を決めた。

7アンダーの2位タイと絶好の滑り出しを見せた石川遼も「信じられない」と、驚くほかないスコアだった。出だしの10番で6メートルを沈めてバーディ発進を決めたスコットは、15番でグリーン奥からのチップインを含め、ショートゲームが好調。序盤6ホールで4バーディを決めた。

さらに16番(パー5)ではフェアウェイから残り198ヤードを2オンさせ、10メートル強をねじ込んでイーグル。そして後半アウトでは4番(パー5)でまたも2オンから6メートルのイーグルパットを決めるなど、5つスコアを伸ばした。「どういうわけか、パットがとにかく入った。今日はまさにホール(カップ)がバケツみたいに感じる日のひとつ」。23パットで叩きだした「62」はベイヒルでのベストスコア。1981年のアンディ・ビーン、そして84年に母国の偉大な先輩、グレッグ・ノーマンに並ぶ数字だった。

実は前日まで少しばかり風邪気味だったとか。「ここ数日は発熱に苦しんでいた。朝起きた時よりも今は良くなった」。コースに舞う花粉によりアレルギーを発症する選手も多い中「意外とゴルファーはこういう時にいいプレーができたりする。自分への期待も低くなって、ゆっくり考えたりね。僕は今日なんとかその都度、1打に集中しようと思ってプレーしたよ」

今大会を制すれば、4月の「マスターズ」ではタイガー・ウッズを抜いて世界ランク1位に立つ可能性がある。幼少時代から憧れた世界ナンバーワンの座へ、最高の滑り出しだ。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

関連リンク

2014年 アーノルド・パーマーインビテーショナル

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~