ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

正確性を取り戻したT.クラークのティショット

By Mike McAllister, PGATOUR.COM

これまでティム・クラーク(南アフリカ)は、ここコロニアルで勝利を手にしたことはない。しかし常に優勝争いには顔を出してきた。コロニアルCCで開催中の、「クラウンプラザインビテーショナル」では、クラークは過去に2位タイが2度、そしてトップ20フィニッシュを4度も記録している。

だから、彼がリーダーボードの上位に現れたことは決して驚くことではない。クラークは土曜日の第3ラウンドを5アンダーの「65」で回り、通算9アンダーとして最終日へ向かう。

<< 下に続く >>

「このポジションにつけているのは、過去にもたくさんあったし、今回もそうなっただけ。このコースは積極的に攻められるんだよね」とクラーク。「安全にプレーしようとすれば、今までのような結果になってしまう。積極性を持ち続けることがカギだね」と最終日への心境を語った。

彼は大会初日を3アンダーの「67」でラウンドすると、2日目は「69」をマーク。特に2日目はフェアウェイをキープしたのが14ホール中、5ホールといつになく不安定だったが、3日目は11ホールと、本来のティショットの正確性を取り戻した。

クラークは、ドライバーで苦戦した2日目の朝に首を寝違えたようで、ラウンド後に治療を受けていたことを明かす。「昨日は本当にひどかったね。でも幸い、なんとか問題が解決できて、今日はスイングの感覚が良くなったんだ」。

クラークのツアーにおける唯一の勝利は、2010年の「ザ・プレーヤーズ選手権」でのタイトルだ。フェアウェイキープ率は今年3位という好成績を収めているが、飛距離は178位と大きく劣っている。単純に、ツアーのコースのいくつかは、彼には長すぎるのだろう。

しかし、コロニアルはそうではない。

「飛ばし屋ではない選手にとって、このコースは、ショットメイクするのに格好のコースなんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 クラウンプラザインビテーショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!