ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

“重力”で1ペナルティを喰らったJ.スピース

「クラウンプラザインビテーショナル」2日目、6番ホールで予期せぬアクシデントに巻き込まれた19歳のジョーダン・スピースは、1ペナルティを喰らってしまった。しかし直後のホールでバーディを奪い返した彼は、トラブルにめげず、週末の逆転優勝に望みをつないでいる。

地元ダラス出身のスピースは、10番スタートとなったこの日、スコアを3つ伸ばして6番(パー4)に差し掛かった。セカンドショットはグリーンを捕え、ピンから20フィート半の位置に止まった。何の因果か、そのエリアにはスピースより先の組でラウンドした選手たちの沢山の足跡(スパイクマーク)が残っていた。

スピースのボールは、スパイク跡が多く残る不安定な位置にあった。ボールをマークした彼は、正しい位置にボールを戻した。しかしバーディトライの前の素振りに入った時、スピースは自分のボールがかすかに傾きながら動くのを確認した。それはスパイク跡によるものだった。

ボールが静止するのを待ったスピースは、気を取り直して自らのパターをグリーン(地面)につけ、アドレスに入った。すると彼のボールは再び、スパイク跡のくぼみの影響で動きだしたのである。「自分がパターを地面につけたのと、ボールが動いたのは何の関係もない」と、スピースは語った。「それは事実だ。ホント、タイミングが悪かったとしか言いようがないね」。

「2秒早くパットを打っていれば、ボールは動かなかったと思う。あるいは、2秒遅くアドレスに入れば、そのタイミングでパターを地面につけることもなかったと思う」。

同組の選手に確認した後、スピースは競技委員のステファン・コックスと会話を交わし、規則18-2bに定める1打罰のペナルティを宣告された。「僕にとっては何とも不幸なルールだけど、規則だから仕方ないね」。

その規則は2年前に改定されたもので、アドレスに入った後、風の影響を受けてボールが動いた場合はペナルティとはならない。そこには但し書きで「重力の影響でボールが動いた場合はペナルティの対象となる」ことが、規則18-2bには明記されている。

「彼にとってはツイてなかったとしか言い様がないけど、アドレス後に重力の影響で動いたケースはペナルティの対象なんだよ」。

「風が吹いたり、犬が走り回ったり、リスが遊んだケースなら、まだしもね」と、スピース。「重力で動いたボールはペナルティの対象なんだね…。でもホールアウト後、PGAのオフィシャルから聞いたんだけど、ひょっとすると(今後)ルールを改正するかもしれないって言っていたよ」。確かに、コックスは規則18-2bは見直しの時期にあるとコメントした。「我々が、18-2bについての妥当性や、18-2bそのものを削除しようとする協議をしているのは事実です。でも、今はまだその最中だからね」。

1打罰に対して「非常にイライラした」ことを認めたスピース。しかし、嫌な気持ちを引きずらず、すぐにスコアを挽回した。直後の7番でバックスピンを効かせたアプローチショットを放つと、ボールはピンそばで止まり、この日2つ目のバーディをゲットした。

「あの7番は、今週の僕にとって、今のところ最も意味の深いホールと言えるね」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 クラウンプラザインビテーショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。