ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マスターズで初 ウッズとミケルソンが同組で練習ラウンド

◇メジャー第1戦◇マスターズ 事前情報(3日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

フィル・ミケルソンは今年で26回目、タイガー・ウッズは21回目の「マスターズ」出場となる。だが、「マスターズ」の歴史において、2人が一緒に練習ラウンドを行ったのは、きょうが初めてのことだった。

月曜日にミケルソンがウッズに声をかけ、当初フレッド・カプルストーマス・ピータース(ベルギー)の2サムでする予定だったラウンドに2人一緒に加わった。ラウンドはウッズとミケルソンがペアを組み、カプルス&ピータース組と競うマッチプレー方式だったという。

この豪華なイン9ホールのラウンドは、パトロンたちにとっても極上のエンターテイメントになった。最大の見せ場は15番(パー5)。フェアウェイ左サイドにビッグドライブを放ったウッズは、ショートアイアンの2打目をグリーン左奧に切られたピン手前1.2mにぴたりとつけて、楽々イーグルを奪ってみせた。

その後、ウッズはグリーン奧でアプローチ練習をしているミケルソンのもとに歩み寄った。手に64度のウェッジを持ったミケルソンは、真後ろでウッズが見守る中、ピンに向けて華麗なロブショットを放つと、球はトロトロと転がってジャストイン。パトロンたちは大きな歓声をこだまさせた。

この日、ウッズは13番、15番でイーグル奪取。16番(パー3)でも、奥から下り5mほどのバーディパットをカップに沈めた。

過去2年はチャンピオンズディナーに出席するためだけにオーガスタを訪れていたウッズだったが、今年は体の痛みもなく「その頃に比べると夜と昼だね」と笑った。開幕に向けて、注目度は日増しに高くなるばかりだ。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~