ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズが3季ぶりの「65」 68位→9位に浮上

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 3日目(12日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72)

カットライン上で決勝ラウンドに進んだタイガー・ウッズが猛チャージを見せた。ショットとパットが噛み合った結果、68位タイから8バーディ、1ボギーで回り、ここ3シーズンでベストスコアとなる「65」をマーク。通算8アンダーとして9位タイに浮上した。

<< 下に続く >>

「やっといいスタートが切れた。最初の2ホールでバーディを獲れて、そこから勢いに乗ったんだ」。最終組のティオフから約6時間前に1番ティに立ったウッズは、まず4.5mのフックラインを沈め、続く2番(パー5)は2mのチャンスを逃さなかった。その後もスコアを伸ばし前半アウトで「30」を記録した。

ティショットを右サイドの傾斜の強いラフに曲げた14番をボギーとするなど、終盤にかけて取りこぼしがあったが、「65」は過去2勝を挙げた当地でのベストスコア。また、18ホールを同スコア以下でまとめたのは2015年8月の「ウィンダム選手権」(第1ラウンド「64」、2ラウンド「65」)以来となった。

グリーン上でのプレーがさえた。「71」だった2日目に決めた18ホールのパットの合計距離が59.4フィートだったのに対し、この日は7番を終えた段階で64.3フィート(18ホールでは99.3フィート)を沈めた。

一方でウッズは「質のいいショットをいくつも打てた」と自賛した。ティショットで3Iを多用し、確実にチャンスメーク。「きょうはウォーミングアップの時にすごく快適に思えた。いい球が打てたし、ドローもフェードもコントロールできていた」という。「まあ、それで試合でいい時もあれば、悪いときもあるんだけど。父(故アールさん)には『ウォーミングアップは、ただリラックスして体を温めるくらいのもの』と言われていた。でも、僕も多くの選手と同じように、どういうプレーができるかという予兆に感じていた」

トップを快走するウェブ・シンプソンとは11打差あるが、“第5のメジャー”でのロースコアは、ウッズの復調を実感させるひとつの指標に違いない。(フロリダ州ポンテベドラビーチ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!