ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・プレジデンツカップ
期間:10/08~10/11  場所: ジャック・ニクラスGC(韓国)

松山英樹らプレジデンツ杯の出場選手が決定 兵役のベ・サンムンも主将推薦で

記者会見する米国選抜キャプテンのジェイ・ 記者会見する米国選抜キャプテンのジェイ・ハース(左)と世界選抜キャプテンのニック・プライス※8月4日撮影(Richard Heathcote/Getty Images)

米国選抜と世界選抜(欧州除く)によるチーム対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」(10月8~11日/韓国、ジャック・ニクラスGC)に出場する全24選手が8日、決定した。松山英樹は世界選抜で上位4番目のランキングとなって自動選出され、2013年の前回大会に続き、2度目の出場を果たすことになった。

両チームは前週の「ドイツバンク選手権」の結果を待って、世界選抜は世界ランキング、米国選抜はフェデックスカップランキングの上位10選手を自動選出。この日は、世界選抜のニック・プライス主将と米国選抜のジェイ・ハース主将がそろって会見し、残された主将推薦2人ずつを発表した。

世界選抜のプライス主将は、ランキング順11番目で自動選出から漏れたスティーブン・ボーディッチ(オーストラリア)と、開催地・韓国出身のベ・サンムンに白羽の矢を立てた。べはランキング順だと19番目で、上位には同じ韓国のアン・ビョンフンもいたが、プライス主将は「明らかに彼はコースに合っている」と、開催コースで2勝を誇るべの実績を強調。プレジデンツカップ後、ベがツアーから離れて兵役に就くことも考慮に入れたとみられる。

一方、米国選抜のハース主将も、同様に自動選出漏れした選手の中から“11番目”をピックアップしたが、それが自分の息子ビル・ハース。激戦だった出場争いで注目を集めていたが、ハース主将は「正直に言って、誰であっても11番目の選手を選んでいた」と説明した。

また、もう1人の主将推薦には、史上最多出場の11度目となるフィル・ミケルソンを選出。ミケルソンは主将推薦での出場は初。ハース主将は「コースでも、ロッカーでもリーダー役となってくれることに疑いの余地がない。100%の信頼で文句なしの推薦だ」と話した。

過去の戦績は、6連勝中の米国選抜が通算8勝1敗1分けと圧倒している。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~