ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

歴代王者集結 ラスト全英のワトソン、ファルドに万雷の拍手

スコットランドのセントアンドリュースで行われる第144回「全英オープン」開幕前日の15日(水)、当地で大会歴代優勝者によるエキシビションマッチが行われた。

オールドコースに集結したかつての王者は28人。アーノルド・パーマーゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)らレジェンドのほか、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンといった現役トップ選手も参加した「チャンピオンゴルファーチャレンジ」は、午前中の雨が上がり、快晴となった午後4時に華々しく始まった。

4人が1組となり、全選手がそれぞれのボールをプレー。1番、2番、17番、18番の4ホールを使用し、各ホール・ベストスコアのストロークプレーで争われた。優勝はダレン・クラーク(北アイルランド)、ポール・ローリー(スコットランド)、ビル・ロジャースのパーマー・チーム(パーマーは1番のティショットだけ打った)。寄付先を選べる10万ポンドのチャリティ資金が贈られた。

今大会をもって最後の全英オープンとするニック・ファルド(イングランド)と、大会5勝を誇るトム・ワトソンも出場し、拍手喝さいを浴びた。

ワトソンはこの日、公式会見に出席。「これはセレモニーではないよ。ここで他の選手たちと戦うんだ」と意欲を見せた。今大会は息子のマイケルさんがキャディを務める。ワトソンは昨年、決勝ラウンドに進出し51位タイで終えた。

「マスターズ」は2016年大会を最後の出場とすることを明らかにした。

関連リンク

2015年 全英オープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~