ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

全英オープン コース徹底解剖

10年ぶりの全英開催にバンカーが20個増量!

2008年度全英オープン選手権の会場はイングランド北西部にある「ロイヤルバークデールゴルフクラブ」。イングランドで最高のリンクスコースと評価が高いこのコースでは、過去8回全英オープンが開かれている。

開催年 優勝者
1954 ピーター・トムソン
1961 アーノルド・パーマー
1965 ピーター・トムソン
1971 リー・トレビノ
1976 ジョニー・ミラー
1983 トム・ワトソン
1991 イアン・ベーカー・フィンチ
1998 マーク・オメーラ
2008

バークデールゴルフクラブの発足は1889年。実際に現在の地にリンクスゴルフコースが完成したのは1922年となっている。設計したのはフレッド・ホーツリー設計士と1890年代後半から1900年代前半に全英5回制覇したジョン・H・テイラー氏とのパートナーシップによるもの。1951年に「ロイヤル」の称号を受けて現在に至っている。全英オープン以外にも欧米対抗戦「ライダーカップ」2度開催(1965年、1969年)や全英女子オープンも4度開かれている(1982年、1986年、2000年、2005年)。

【前回大会】

1998年大会は7018ヤード、パー70という設定の中マーク・オメーラとブライアン・ワッツが通算イーブンパーで並んで4ホールのプレーオフに突入。15番からの4ホールを1アンダーで回ったオメーラが1オーバーのワッツを下しマスターズに続いて同年ダブルメジャー制覇となった。タイガー・ウッズは最終日「66」の好スコアでチャージをみせたが1打足らずの3位フィニッシュ。当時17歳のアマチュア、ジャスティン・ローズは最終ホールでチップインとして4位に食い込む大健闘をみせた。日本人選手は丸山茂樹が29位で最高順位。他尾崎直道が38位、友利勝良が3日目に悪天候の中イーブンパーのベストスコアで回るものの最終日79とスコアを崩し44位で大会を終えている。

【コース改修】

今年の開催に向けていろいろなコース改修が行われた。コースは155ヤード伸び全長は7173ヤード設定、パー70としてプレーが行われる。
★合計6ホールに新しいティが作られてコースが長くなっている(3番、6番、10番、11番、15番、16番)。
★20個のバンカーが新しく加えられている(グリーンサイド合計4個、フェアウェイサイド合計16個)。16個のバンカーを取り除いている分前回よりもバンカーの数は4個増えている。
★大きく変更となったのは9番(パー4)と17番(パー5)。9番は右サイドにマウンドが作られてティショットの狙い目が以前よりも左に25ヤードほど移動している。結果的にショートカットが難しくなり右ドッグレッグの度合いが強くなった。17番のパー5は25ヤードほど距離が伸び、572ヤード設定。新しく作り直されたグリーンは砲台になり2オンを狙う選手は以前よりも高さが要求される状況に変わっている。
★木の伐採されたホール(10番、15番、16番)の影響でクラシックスタイルのリンクスランドの雰囲気が以前よりも増した印象になっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。