ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全英リコー女子オープン
期間:07/10〜07/13 場所:ロイヤルバークデールGC(イギリス)

全英リコー女子オープン開幕に寄せて~三田村昌鳳コラム~

全英リコー女子オープンの会場となるロイヤルバークデールには個人的な思い出がある。1976年に初めて全英オープンの取材に行ったコースだからである。ロンドンからリバプールまで電車で3時間ほどだったと思う。車窓から見える田園風景が、とても懐かしいと思ったのは、受験勉強時代に読んだエッセイの中によくでてくる風景だったからだ。

敢えて電車の旅を選んだのは、リバプールに立ち寄りたかったためでもあった。そう、ザ・ビートルズが生まれ育った街、ペニーレインに行きたいという下心があったからだ。並木道、公園と古いイギリスの小さな店が立ち並ぶ。ビートルスの歌詞そのままの町並みだった。ここの「ペニーレイン」という町の標識は、つけてもすぐになくなると言っていた。

<< 下に続く >>

ロイヤルバークデールはそこから高級保養地のブラックプール、サウスポートへと向かっていく。1976年の全英オープンで鈴木規夫が10位に入ったことで、日本選手たちが全英オープンに挑戦するきっかけとなったコースなのである。

今年は日本人選手11名が、そのロイヤルバークデールの全英リコー女子オープンに挑戦する。そこには期待感と不安感が入り混じった複雑な気持ちがある。何故なら世界の女子プロ界の地図、レベルが大きく様変わりしたという実感があるからだ。

根拠は6月の全米女子オープンの結果である。米国のミッシェル・ウィがメジャー初優勝を遂げ、全英リコー女子オープンのディフェンディングチャンピオンであるステーシー・ルイスが2位。19歳のレクシー・トンプソンが7位タイに入って、韓国勢に押されていた米国勢が勢いを増し、まさに3トップとなったこと。

そして彼女たちのプレースタイルは、飛距離やショットの精度などのレベルが一段と高くなったことである。世界の女子プロゴルフ界に新しい流れが生まれた。その流れに日本選手たちがついていけるか、という不安だ。(三田村昌鳳)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全英リコー女子オープン

RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験を。

RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験を。
・1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影することができます。
・携帯性にこだわり、重さわずか約95gの超小型、軽量ボディを実現。 気軽に好きな場所へ持ち歩き、全天球イメージの撮影を楽しむことができます。
・RICOH THETAと無線で接続したスマートフォン(※)のGPS情報を使って、全天球イメージに記録が可能。 位置情報を活用することで、撮影した全天球イメージの楽しみが広がります。



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!