ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

室田が3度目の賞金王 レギュラーツアー引退宣言は撤回?!

2013年の国内シニアツアー第11戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」は、通算12アンダーで逃げ切った奥田靖己のツアー初優勝で閉幕。最終戦を待たずして単独2位でフィニッシュした室田淳が、655万円を積み上げ、年間獲得賞金額を50,074,000円として賞金王戴冠を決めた。

「シニアは試合数が少ないので、あまり考えてはいなかったこと。これがレギュラーツアーだったら大したもんだけどね・・・」と、6年ぶりの戴冠の感想はそっけなかった。それでも年をまたいで賞金王に輝いたのは、1996年、1998年の金井清一の1度しかなく、6年ぶりの戴冠は初。さらに58歳での賞金王は、同じく金井清一の最年長賞金王記録に並ぶ快挙だった。

最終組でスタートした室田、奥田の一騎討ちとなった最終日。室田は後半12番からの3連続バーディで奥田を逆転し、一時は首位に立った。粘る奥田と通算11アンダーで並び、迎えた最終ホール(パー5)。2オンを狙ったラフからの第2打を大きく左に曲げ、痛恨のV逸ボギーを叩いた。

奥田がウィニングパットを決めると、自ら奥田に歩み寄って握手を求め祝福。「初優勝のプレッシャーもあったと思うけど、奥田くんは最後まで本当に素晴らしいプレーだった」と勝者を讃えた。

室田の今シーズン残りの出場試合は、来週の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ(静岡県)」、その翌週は再び国内シニア最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」、そして国内男子「カシオワールドオープンゴルフトーナメント(高知県)」の3試合とタフな連戦を予定している。

「レギュラーツアーの賞金ランクは76位? もちろん賞金シード目指して頑張るよ」。前週の「日本シニアオープン」での優勝会見では、レギュラーツアーの引退をほのめかしていたはずだが、シニアツアー賞金王が決まり、もう一暴れする心意気を示した。(千葉県木更津市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント
2013シニアツアー最終決戦。無料招待券がもれなくもらえるチャンス。 磨き抜かれたプロの技術を目の当たりしよう。 来場者にはプレゼントも準備しております。



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。