ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

室田淳が今週決めるか?賞金王争いもクライマックス

国内シニアツアー第11戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」も残り18ホール。今大会を終えると残すは最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」(22日開幕、鹿児島)のもとなり、いよいよ賞金王争いもゴールが見えてきた。

現在賞金ランク首位に立つのは、獲得賞金43,424,000円の室田淳。今大会を含む残り2戦で528万192円を獲得すれば賞金王戴冠が決定する。今週の優勝賞金は1,400万円、単独2位が665万円、2位タイ(2人以内)が577万5000円-。

その室田は大会2日目、首位と3打差の6位タイからスタートし、出だしの3連続バーディで一時は首位に並んだが、後半は足踏みが続き、結局3打差の3位で最終日を迎えることになった。最終日のプレー次第では賞金王が確定する。

当の室田は「(賞金王は)意識していない」と、前週の「日本シニアオープン」優勝会見で語っていたが、この日も「もうその質問はやめて」と言わんばかりの空気。自ら話題に触れることもなく、「明日はスコアを考えるよりは、自然体で入りたい」と、プレッシャーを少なからず感じている様子だ。

他の選手では、賞金ランク2位の東聡史(22,704,192円)、同3位の羽川豊(20,449,284円)、同4位の渡辺司(19,237,017円)、ド王5位の真板潔(18,742,836円)までの4選手に、最終戦とあわせた2連勝で逆転賞金王のチャンスが残されている。

追う羽川豊はこの日、2打差2位タイからスタートしたものの「75」とスコアを崩して15位タイに後退。この成績に「(賞金王争い)終了だよ、終了!(ファンケルの最終日の『62』みたいなビッグスコアは)そんなの毎回毎回でるわけじゃないんだから」と、早々の白旗宣言となった。

東は通算7オーバーの53位タイ、渡辺は通算2アンダーの8位タイ、真板も通算2オーバー、32位タイと逆転優勝を狙うには厳しい状況に追い込まれた。室田が今週戴冠を決めるか、最終戦へと持ち越されるか――も今大会の優勝争いに負けず、熱い注目を集めている。(千葉県木更津市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント
2013シニアツアー最終決戦。無料招待券がもれなくもらえるチャンス。 磨き抜かれたプロの技術を目の当たりしよう。 来場者にはプレゼントも準備しております。



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。