ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

「びっくりした」永井花奈が初ホールインワンで単独首位

2018/03/29 18:57


◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 初日(29日)◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡県)◇ 6564yd(パー72)

バーディ発進した直後。軽い打ち下ろしの前半11番(パー3、146yd)で8Iを振ると、ピン手前1.5mから転がってカップイン。永井花奈にとってツアー初、人生でも3度目のホールインワンに「光で入る瞬間は見えなかったけど、『入ったよ』って言われてびっくりした」。勢いそのままに自身初の単独首位発進を決めた。

この日はショットが「かなり良くて助けられた」。18番(パー5)は左ラフからの3打目をピン左1mに絡めてバーディ。ティショットを曲げた後半1番から連続ボギーで後退したが、「流れを変えられた。風向きを考えると難しいピン位置だったけど」と4番(パー3)で8Iを1.5mに絡めてバーディを奪った。

今季は「良くも悪くもなくて、良い方向にいくのか、悪い方向にいくのかという感じの状態だった」。試合ではアイアンを7Iから投入するが、6Iを振ることがショットやスイングを修正するコツとし、「ショットメーカーとしてしっかりやりたい」と調整を続けた。「普段はパー4が得意だけど、アイアンも良かった。このスコアの取り方は珍しい」とほほ笑んだ。

2016年のプロテストでトップ合格を果たし、昨季「三菱電機レディス」でツアー初優勝を挙げたが、ツアー本格参戦は2年目。勝みなみ新垣比菜三浦桃香といった“後輩”たちの勢いも目立つ。「わたしはまだそこまで気にする余裕がない。いまはスイングのことだったり、自分のやりたいことをしっかり持っているので、ほかのことは気にならない」と語った。

「こんなに良い初日を迎えられることがなかったので、久しぶりにうれしい感じ」。強い風が予想される午後スタートの2日目に向け「ショットがキーになってくるので、しっかりやっていきたい」と冷静に意気込んだ。(静岡県袋井市/林洋平)

関連リンク

2018年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~