ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

“三軍”パターを投入 永井花奈は1打差で最終日へ

2018/10/14 07:06


◇国内女子◇富士通レディース 2日目(13日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675yd(パー72)

首位と2打差の6位で出た永井花奈は「70」でプレーし、通算5アンダーの3位に浮上した。「試合でほとんど使ったことがない」というL字型のマレットパターを投入。2日間平均27.5パットに抑え、トップのアン・ソンジュ(韓国)らを1打差で追う。

3つのバーディすべてで3m以上を決めた。2日連続で1ボギーにとどめ、昨年10月の「樋口久子 三菱電機レディス」以来のツアー通算2勝目を狙える位置につけた。

直近8試合で6度の予選落ち。「悪かったときのイメージが頭から離れなくて」と、特にパットに悩んできた。持ち方をクロスハンドにする練習までしたが、「全然ダメだった」という。

今大会には自宅の車庫の中に並ぶ30本以上のパターの中から、「操作性の良いもので、イメージを変えるために」と普段は“三軍”として扱う1本を選択した。普段も車庫から練習用など計4本程度を試合会場に持ち込むが、「ジュニア時代に作ってもらったけど、持ってきたことはほとんどないと思う。たまにあっても、迷わずに試合で使う選択肢から外していたもの」だ。

万全な状態ではないことを自覚しつつ、「こんなに緊張しないでプレーできているのは初めてかもしれない」。上位で争う最終日に向け「雑念が入ってくるかもしれない。それはそのときに考えます」と気を引き締めた。(千葉市緑区/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。