ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

鬼門のコースで好発進 永井花奈「5アンダーは上出来」

2018/07/06 18:32


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 初日(6日)◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(北海道)◇ 6378yd(パー72)

気温15度。津軽海峡から吹き付ける冷たい風も味方につけた。永井花奈が6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。2年連続で予選落ちを喫している鬼門のコースで5アンダーとし1差2位発進を決めた。

「すごくショットがよかった。何も考えずにやっていたことが逆によかったのかも。とりあえず、気楽にやろうと思ってやっていました。あまり回りやすくはないので、ここのゴルフ場で5アンダーは上出来ですね」

前半3番で161ydから25度のUTで2mにつけてバーディとすると、7番(パー3)でも同クラブで1.5mにつけてバーディを奪った。ハーフターンではあまりの寒さにミニスカートを封印。小雨が降ってきたこともあり、レインウェアを着込んで後半に臨み、3つスコアを伸ばしてホールアウトした。

今季の前半戦は17試合に出場し、トップ10は6度。賞金ランクも11位につける。試合のなかった前週は神奈川県の三浦半島に釣りへ出かけ「50cmぐらいのマダイが釣れました。それにカツオやカサゴも」。昨年10月の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」以来、2度目の優勝を目指すために後半戦へ気持ちもリフレッシュした。

「うまく調整して保てれば、いいところにいけると思います」と好成績にも表情を引き締めて練習場に向かった。(北海道北斗市/玉木充)

関連リンク

2018年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~