ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

OBから全ホールバーディ狙い 1打差惜敗も永井花奈は最終戦出場権を手中へ

2018/11/11 18:08


◇国内女子◇伊藤園レディス 最終日(11日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741yd(パー72)

2打差を追い最終組から出た永井花奈が通算12アンダー2位で終えた。前半5番で第1打をOBとし、首位と5打差に開くダブルボギーをたたいた。前ホールの1mのバーディパットを外したストレスを引きずり、「イライラしていたのが出た」。一度優勝争いから脱落すると「ここからは全ホールバーディを狙ってやる」と気持ちを吹っ切った。

左サイドに池が構える難関17番(パー3)は、カップを左奥に切るのが大会最終日の恒例だ。右から吹く風にも21歳は強気だった。「右を向いてドロー目にしっかり捕まえにいった。流れが良かったから、池に入る気もしなかった」。5Wでピンの左上1.5mにつけ3連続となるバーディ。

最終18番では8mのバーディパットがカップ右を抜け、優勝した黄アルム(韓国)に1打届かなかったが、「後半は100点に近いゴルフだった」と手ごたえを示した。

後半は5つ伸ばすなど「最初はパターも守りにいっていて、結果を気にしすぎるような打ち方をしていた。そこから気持ちを折れずに盛り返せたのは良かった」と話した。すぐに「ただ優勝となるとそんな打数に余裕はないですよね?序盤の空回りした経験を次に優勝争いできるときは、活かしたい」と苦笑いした。

賞金ランキングは20位になり、出場選手の絞られる最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」への2年連続出場をほぼ確実にした。「最後は攻めなきゃ優勝できないから攻めた。それでダメだったら来週頑張ろうと思っていたから良かった」と前を向いた。(千葉県長南町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。